変なニュース

痛いニュースと芸能や面白ネタ満載の変なニュース

4 / 512345
月別アーカイブ:

【メルカリ】主婦の賢い使い方【画像】ネタ化?出品されたヤバいブツ

おもしろ画像

現在何かと話題のメルカリは2013年7月にスタートした。店舗や卸売りなどを通さず、個人と個人の間で商品を売買できる仕組みが爆発的な人気を博し、アプリのダウンロード数は昨年末で4000万件を超えた。圧倒的な人気の秘訣は「手軽さとスピード感」だ。 出品者はまずスマホにアプリをダウンロードして売りたい品物をスマホカメラで撮影すると、自動的にサイトに商品がアップされる。 続いて商品名や説明文、販売価格などを入力して出品ボタンをタップすれば完了。慣れれば3分で出品できるという。出品後も面倒な作業はなく、手順は極めてシンプルだ。 「ヤフーオークションなどは期間内に値段が少しずつ上がって最後に落札した人が買いますが、メルカリは購入者が最初に設定した価格に納得すればすぐ売買が成立するのですごくスピーディー。 購入者が支払った代金はいったんメルカリが預かり、商品が届くまで出品者にお金が渡らないシステムなので、“お金を払ったのに品物が届かない”というネット売買によくあるトラブルは起きません。 商品が届いたら、受取評価をすれば取引終了です」(ITジャーナリストの三上洋さん) メルカリでは1日100万点以上が出品、売れた商品の半数は出品から24時間以内に売買が成立しているとされる。SNSに投稿するような気軽さで出品できるだけに、売買される商品は実に幅広い。 愛媛県在住の家事手伝い・嶋田理恵さん(27才・仮名)が好んで出品するのは「農作物」。 「お小遣いがなくなると農業を営む祖母のところで不揃いの作物をもらって出品します。スーパーでもらったみかんの図柄入りの箱に入れて出品するとブランド感が高まってよく売れます」(嶋田さん) 神奈川県在住の主婦・小堺涼子さん(42才・仮名)のヒット作は「デパートの紙袋」だ。 「子供の誕生会でお友達に手作りクッキーを配る時に使うため、有名デパートの紙袋を10枚買いました。おかげで高価なプレゼントっぽくなり、ママ友から“あの紙袋どうしたの”って聞かれて鼻高々です」(小堺さん) 静岡県在住の主婦・横井遥さん(54才・仮名)が一目ぼれしたのは「多肉植物」。 「多肉植物のカット苗を買いました。私は植物の素人ですが、メルカリだとお店の鉢植えより断然安く買えて、育て方でわからないことは出品者に教えてもらいました。おかげでカット苗は元気よく育っていて毎日世話をするのが楽しみです」(横井さん) ほかにも、「トイレットペーパーの芯」「離婚届」「蛇の抜け殻」「折り鶴」「古新聞」「使用済みの遊園地のチケット」「10年前に作った泥だんご」「髪の毛」など、“え、コレ一体何に使うの?”と驚くような出品が数多い。 フリマアプリに詳しいライターの鈴木梢さんは、「それでも売れるのは、使い道があるから」と指摘する。 「例えばトイレットペーパーの芯は子供が学校の工作で必要とすることがあります。最近は新聞を購読する家庭が少ないので、掃除やペットのトイレに使える古新聞が重宝するし、離婚届を役所に取りに行って人に見られたくないからメルカリで購入するという人もいます」 こうした商品を出品するのは意外にも主婦が多いと鈴木さんが続ける。 「メルカリのスタート当初は若い世代の利用が多かったのですが、今は主婦の利用も増えています。一見すると価値のないものに値段をつけて売ることができるのは、主婦感覚の賜物。実際のフリーマーケットに参加するのも主婦が多いですしね」(鈴木さん) 商魂たくましいのは主婦ばかりではない。東洋大学総合情報学部教授の藤本貴之さんは、教え子の女子大生のメルカリ使いに驚いた。 「アパレル店でアルバイトをしている女子学生が、7割の従業員引きで購入した服を1、2回着てからすぐにメルカリで売るんです。 定価1万円の服なら3000円で買い、数回着てから5000円で出品する。その儲けでまた従業員割引の服を買い、メルカリで売ることの繰り返しです」 メルカリでその服を買った人も数回着てまたメルカリで売りに出すことが多いという。 「こうしてお金と商品がメルカリの中でぐるぐる回っています。昔と違ってファッションにお金をかけない現代の若い子らは、メルカリをクローゼット代わりにして服を回している。それが当たり前の使い方なんです」(藤本さん) こうした売買が成り立つのは人々の「ほしいもの=需要」と「売りたいもの=供給」がメルカリを舞台にマッチするからだ。 前述の通り、現在のメルカリでは紙幣の出品は禁止となったが、以前は「売りたい」「ほしい」という利用者の希望に応じ、ギザ10円やゾロ目の発行番号を持つ紙幣など、希少価値の高いものは出品可能だった。

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/13094492/] 続きを読む