変なニュース

痛いニュースと芸能や面白ネタ満載の変なニュース

カテゴリ:痛いニュース

【千葉ベトナム女児殺害】未だ犯人は藪の中 鬼畜犯の正体とは…

2017/04/10

LINEで送る
Pocket

〈どこにいるの、どうか家に帰ってきて! お母さんは本当につらい〉

そんな悲痛な思いもむなしく、行方不明になった2日後に変わり果てた姿で発見されたベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん。いたいけな9歳の少女を手にかけた「鬼畜犯」の正体に迫る。

「犯人をほぼヘキ(性癖)でしぼって捜査をしている。ここ数年間で千葉や隣接県では女児連れ去り事件が多発していた。いまだ未解決の案件もあるが、未遂に終わり、容疑者が逮捕されたケースもある。

現在は、そうした犯歴のある人間の中でも、“要マーク”と判断した人物について、捜査員が張りつき、行動確認を取っている」(捜査関係者)

犯人特定の手がかりが少ない

3月26日の早朝、千葉県我孫子市北新田の利根川支流にかかった橋の下で発見されたリンさんの遺体は、身ぐるみを剥がされた状態だった。その後、ランドセルなどの遺留品が茨城県坂東市の利根川河川敷で見つかったが、

「遺体や遺留品に、犯人の体液などが付着していれば、DNA鑑定で逮捕の決め手にもなるが、なにぶん重要な証拠となる目撃証言や映像が圧倒的に少ない」(前出・捜査関係者)

犯人の正体は依然として“藪の中”だ。

リンさんが一家4人で暮らしていたのは、千葉県松戸市の住宅街。

「一見すると静かで住みやすそうな街ですが、実は空き巣やかっぱらいの被害は多く、治安はいいとは言えない」(近隣住民)

そのため、地域の防犯意識は高く、街を歩けば民家の玄関先に設置された防犯カメラが散見された。

3月24日の8時頃、小学校の修了式に出席するために家を出たリンさんは、防犯カメラや人目が少ない、自宅から150メートル以内の“死角”で連れ去られたという見方が強い。

「警戒心が強く、しかも登校中の女の子が、好んで他人の車に乗り込むわけがない。『学校まで送る』と声をかけられても、そう簡単にだまされるとは考えにくい。暴行を受けたか、睡眠薬など何らかの薬物の使用を疑う声もあった」(前出・捜査関係者)

自宅周辺では、犯人の目撃情報はもちろん、女児の悲鳴を聞いたという証言もない。ほとんど痕跡を残さず連れ去った拉致・誘拐の手口から、元警察官で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が犯人像をあぶり出す。

「行き当たりばったりの犯行ではないでしょう。リンさんの自宅周辺は主要道への抜け道になっていて、朝の8時頃の通勤時間帯は車の通行量が非常に多い。

定職に就き、ふだんから定期的にここを車で通っていた、土地勘のある人間だからこそ、計画的に連れ去ることができたのだと思います」

地元住民によれば、リンさんは他の児童よりも登校時間が10分程度遅く、1人で登校することが多かったという。以前から鬼畜犯に目をつけられていた可能性は十分にある。

[via:http://www.asagei.com/excerpt/78531]

坂東市でリンさんの筆箱を発見し、警察に通報した80代の男性はこう語る。

「コイを獲る網を仕掛けに行こうとして河川敷に下りたら、コンクリートの斜面のところにポツンとピンク色の筆箱が落ちていた。近くでランドセルや衣服も見つかっていたから、『もしかして』と思ってなあ」

河川敷で見つかった遺留品のランドセルや衣服、筆箱は、それぞれが数百メートル間隔で無造作に捨て置かれていた。

遺体と同様に、その粗雑な扱いには怒りを禁じえないが、ここでは犯人は土地勘のなさを露呈したと、小川氏は言う。

「遺体発見現場は確かに誰も通らないような道ではあるけど、もう100メートルほど先に行けば、もっと発見されづらい場所もありました。

それに遺体を毛布などでくるもうともせずにただ放置したりと、連れ去り時にうかがえた用意周到さに比べて、非常に“雑”なのです。両現場とも、車で近くを通ったことくらいはあっても、周辺の状況を熟知していたとは思えません」

「独占したい」欲望から?

気になるのは犯行動機だが、

「遺体が何も着ていない状態で発見されたことからも、犯人は性的倒錯者であると推察されます。この手の犯罪者は、対象者と『仲よくなりたい』『独占したい』という欲望が強く、単独犯であるケースが多い」(前出・小川氏)

一方で「複数犯」を主張する声も上がっている。

「今年2月には男児らをキャンプに誘い、わいせつな写真を撮影した男6名が逮捕された。

今回の事件で組織的犯行をうかがわせるのが、遺留品の遺棄方法。その状況からリンさんの衣類や所持品を車の左右両側に投げ捨てたと見られている。つまり、運転者の他に同乗者がいた可能性も出てきた」(別の捜査関係者)

依然として解決の糸口が見えない千葉の殺人・死体遺棄事件に一筋の光明が差したのは、3月29日のことだった。

「千葉県庁の記者クラブに、犯人を告発する文書が届けられたのです」(社会部記者)

本来は記者クラブの外部に漏れることのない「告発文書」を入手。そこには、

〈この情報を事件解決並びに現場周辺地域の防犯に役立てて頂きたいと考えております〉

との思いがつづられ、犯人とするA氏(文書では実名)が過去に児童保育施設でボランティアをしていたこと、さらに〈幼児への性的暴行未遂〉(文書より)の過去を暴露していた。

詳細を聞くべく、記載された「差出人」の連絡先に電話をかけたが、締め切りまでに相手が出ることはなかった。

司法解剖を終えたリンさんの遺体が、無言の帰宅を遂げたのは3月28日のことだった。あらためて自宅を訪ねると、雨戸は閉めきられ、外部との関わりを一切断っているように見えた。かつては一家の笑い声が漏れることもあっただろう。

「補助輪付きの自転車に弟を乗せて歩いているリンちゃんを見かけて挨拶すると『こんにちは!』と明るく返してくれて‥‥本当に許せません」(近隣住民)

前出・小川氏が言う。

「松戸市を含め、事件現場は3カ所。移動するのに、監視カメラやNシステム(自動車ナンバー自動読み取り装置)のないところだけを走行する、なんてことはありえない。警察は犯人を遠からず特定するでしょう」

遺族は近く祖国のベトナムに帰国する予定だという。一刻も早い「犯人逮捕」の一報が待たれる。

[via:http://www.asagei.com/excerpt/78537]

発見前に2ちゃんねる書き込み!?

〈暖かくなったら用水路に女児の死体がないか見て回ろう〉

千葉9歳女児殺害事件で、ベトナム国籍で小学3年生のレェ・ティ・ニャット・リンちゃんの遺体が発見される前に、掲示板サイト「2ちゃんねる」上にそう書き込まれていたことが分かった。

ネット上は〈発見より早いのはやべえ〉などと騒然となっているが、実は昨年7月にも同じスレッドに、女児に対する嗜虐性をうかがわせる書き込みがされていた。《中略》

これとは別に昨年7月20日、同じスレッドで〈4歳の女児の体を3年かけて少しずつ切断したい〉〈女児の心臓が止まるところを見たい〉、

22日には〈近所の公園にいる女児2分あれば家に持ち帰れるのになんともできない悶々とする毎日〉などと、女児に対する嗜虐性をうかがわせる執拗な書き込みがされていた。

「同一人物の書き込みとみて、まず間違いないでしょう。これが犯人によるものかどうかは分かりませんが、いずれにせよ異常な性癖の持ち主で、捜査員も関連を調べています。

リンちゃんの死因はひものようなもので首を絞められたことによる窒息死ですが、顔に殴られたような痕もあった。性的いたずら目的というより、暴力性を感じさせます」(捜査事情通)

書き込みの主が犯人じゃなかったとしても、野放しにしておくのは危険すぎないか。

[via:https://news.nifty.com/article/domestic/society/12136-382623/]

こんな記事はいかがですか?
注目されている記事
  • 【ボケて傑作選】フフッてなった画像_ジブリ編Vol.2621ビュー
  • 【画像】旧石器時代と古代日本人の顔を再現した結果w418ビュー
  • 自称オネエタレント電車内で我慢できず男子大学生の下半身にタッチ201ビュー
  • ラーメン店主に叱られた件「子供に取り分けるための大盛りはダメ!」161ビュー
  • 【吹いたら負け】笑えるGIF Vol.9141ビュー
  • 全裸でごみ出し「服を着るのが面倒だった」78ビュー
この記事、あなたはどう思いましたか?

コメントを残す