変なニュース

痛いニュースと芸能や面白ネタ満載の変なニュース

カテゴリ:痛いニュース

ドラゴンボールあるある!?初対決には負け気味な孫悟空。

2017/05/11

LINEで送る
Pocket

鳥山明氏による大ヒット漫画『ドラゴンボール』(集英社)には、とてつもない強敵が次々と登場する。

「星を破壊したフリーザ」や「地球人をほぼ全滅させた魔人ブウ」といった、規格外の強敵たちと激戦を繰り広げ、何度も撃退してきたのが主人公の孫悟空だ。

戦いを重ねるたびに強くなっていく戦闘民族“サイヤ人”である彼は、強敵とのバトルを繰り返すことで大きく成長し、圧倒的な強さを手に入れた。

そんな“敵なし”に思える悟空だが、過去の戦いを振り返ると、意外に負けも珍しくない。

たとえば「第21回天下一武道会」の決勝戦。ここで悟空は“ジャッキー・チュン”という謎の老人と対戦。この老人は、悟空と互角以上の実力を持つ武道の達人で、激闘の末に悟空は敗北。大会の優勝を逃している。

ただ、ジャッキー・チュンの正体は、悟空の師匠である亀仙人だったので、これはしかたがないところだろう。

その次に開催された「第22回天下一武道会」でも、悟空は優勝を逃している。

決勝戦の相手は天津飯。暗殺武術“鶴仙流”の使い手で、多彩な技を用いて悟空と死闘を繰り広げた。結果、ほんのわずかの差で悟空は敗北。二大会連続で優勝できないとは、後の悟空からは考えられない結末だ。

ここまで紹介した相手は、“ライバル”ではあるが“悪者”ではない。当初は冷酷な「暗殺術の使い手」として描かれた天津飯も、悟空との戦いを通して真の武術家として目覚め、正々堂々と戦っていた。

“悪者”で、悟空を最初に倒したのは桃白白(タオパイパイ)だ。

桃白白は天津飯の師匠の一人で、「世界最高の殺し屋」の肩書を持つ。その桃白白と戦った悟空は、全力で放ったかめはめ波を受け止められ、反撃のどどん波をくらって敗北。まさに完敗といえる結果だった。

この他に悟空が敗れた相手としては、「タンバリン」「ピッコロ大魔王」「ミスター・ポポ」「人造人間19号」「セル」などがいる。

しかし、一度敗れた相手には、再戦できっちり勝利するのが悟空の流儀。不可抗力で対戦がかなわなかった相手以外は、しっかりリベンジを果たしている。

注目すべきは、悟空が負けたのは「初対決」のときばかりだったこと。

ちなみに、ファンからすっかり“やられ役”として認識されているヤムチャでも、悟空との初対決で「ドロー」だった。この事実も加味すると、悟空は初めて戦う相手がとにかく“苦手”なのかもしれない。

[via:https://taishu.jp/detail/27683/]

こんな記事はいかがですか?
注目されている記事
  • 【ボケて傑作選】フフッてなった画像Vol.18【ボケて傑作選】フフッてなった画像Vol.181,548ビュー
  • 新橋キャバ嬢殺人事件「19歳の娘がキックボクサーに撲殺された」母親が胸中告白新橋キャバ嬢殺人事件「19歳の娘がキックボクサーに撲殺された」母親が胸中告白936ビュー
  • 【恥ずかし体験談】ヨガ教室で開脚中に強烈な悪臭の一発がw【恥ずかし体験談】ヨガ教室で開脚中に強烈な悪臭の一発がw594ビュー
  • ラジオ『テレフォン人生相談』で不倫中の主婦(47)が相談中に電話をブチ切りwラジオ『テレフォン人生相談』で不倫中の主婦(47)が相談中に電話をブチ切りw551ビュー
  • 【特定】児童ポルノで父親逮捕 13歳の娘に極小、透け水着で撮影「家のため我慢」【特定】児童ポルノで父親逮捕 13歳の娘に極小、透け水着で撮影「家のため我慢」238ビュー
  • BIGBANGのT.O.Pが使ってパクられた大麻リキッドが日本でも流行の兆しBIGBANGのT.O.Pが使ってパクられた大麻リキッドが日本でも流行の兆し199ビュー
この記事、あなたはどう思いましたか?

コメントを残す