変なニュース

痛いニュースと芸能や面白ネタ満載の変なニュース

カテゴリ:痛いニュース

ガテン系起業家のキモい性癖 わいせつ魔の鬼畜な犯行が明るみに

2017/07/03

LINEで送る
Pocket

「私は約3年前、お風呂を覗かれました。すぐに110番通報しましたが、犯人が誰なのかいまだにわからない。本当に怖かったです」

と30代主婦は振り返る。

逮捕は3度目

主婦宅周辺では、わいせつ事件が断続的に発生し、多くの住民女性が眠れぬ夜を過ごしてきた。風呂場覗き、住居侵入、付きまとい、強制わいせつ、強姦……。男が逮捕されて平穏を取り戻したと感じている住民は少なくない。

埼玉県警捜査一課と西入間署の合同捜査班は12日、家族と寝ていた30代女性宅の無施錠の掃き出し窓から侵入し、女性の上着を刃物で切って胸を触ったとして、同県鶴ヶ島市の建築業・藤井勇被告(27)=強姦、強制わいせつなどで起訴=を準強制わいせつ容疑で再逮捕した。

冒頭の主婦宅近くのアパートでひとり暮らしをしていた。

県警によると、「侵入したが、身体は触っていない」と一部否認している。女性が目を覚まし声を出すと逃げたという。

逮捕は3度目。最初の逮捕案件は、深夜にアパート2階の無施錠のドアから居宅内に押し入り、30代女性に刃物を突きつけて外に連れ出して暴行した。

2件目はスーパー銭湯の駐車場で20代カップルを脅し、離れた場所に女性を連れていきわいせつ行為を強いた。

「ムラムラしてやった」などといずれも容疑を認めている。

「車中でイチャつくカップルを見つけ、ジャージーに六分丈パンツ姿で警察官を名乗り、“条例違反だが見逃してあげることもできる。10数万円の罰金を払うか、性行為をするか”と迫った。

怪しむカップルから警察手帳を見せてほしいと言われて“休日出勤だから持っていない!”とすごんでいる」と捜査関係者。

近隣住民によると、藤井被告は米国産の大型四輪駆動車に乗り、スーパー銭湯に無断駐車を続けていたという。

鶴ヶ島市内では2012年以降、類似事件が20数件発生している。藤井被告は余罪をほのめかしており、県警が関与を調べている。

こんな情報も……。

「約2年前、自宅アパートの玄関の鍵をかけ忘れて寝ていた20代の若いママが襲われているんです。異様な気配に目が覚めると、若い男が自分の身体をまたぐように立っていて、キッチンばさみを手にしていた。

両脇に幼い子どもを寝かせていて、同じ部屋には旦那さんも寝ていたんです。パジャマを切られていて“外に出ろ”と言われたそうです」(被害女性の知人)

被害女性は子どもの身を案じ、犯人に従った。住宅街の建物の陰で身体を触られ、男性器を触らされたという。

行為が終わると、

「警察に絶対言うなよ。子どもの顔を覚えたからな」

などとさんざん脅し、

「後ろを向いてろ」

と言って逃げたという。

別の被害女性は、無施錠の自宅に押し入られて同じようにキッチンばさみでパジャマを切られていて、寝ぼけているフリをすると未遂に終わった。

犯人は「フンッ」と鼻で笑い、「家もわかっているし、俺にはバックがついているからな。警察に言ったら家を燃やすぞ」と脅したという。

場当たり的で荒っぽい手口

「被害女性は2人とも怖がって引っ越しました。同じ目に遭わないようにと、思い出したくない話をしてくれたんです。犯人を絶対許せません」と前出の知人は話す。

複数の近隣住民からわいせつ事件の情報は噴出した。

「夏に自宅の網戸をバッと開けられた家が2軒ある」

「ショートパンツの股の部分を切られた女性がいる」

「駐輪場で道を聞かれて触られた女の人がいる」

「帰宅途中の路上で痴漢被害に遭った女性が2人いる」

「袋小路で女の子が襲われて店に逃げてきたことがある」

「駅前に車を止め、帰宅する女性を物色していた男がいる」

すべてが藤井被告の犯行かどうかわからない。しかし、犯行現場はいずれも被告宅に近く、場当たり的で荒っぽい手口も似ている。

どんな男なのか。

同級生らによると、藤井被告は地元の小・中学校を卒業。素行の悪い“要注意少年”だった。

「小学生のころから悪ガキで怖かった。県内の高校に進学し、街中でも平気でタバコを吸っていた」(同級生の女性)

最長で懲役30年

建築業で働く父親の影響を受け、大工や塗装工など現場経験を重ねてサッシ業で起業。中小企業を扱う経済誌『月刊マスターズ』の今年2月号で、元プロボクサー・竹原慎二氏による経営者インタビューに独立の決意を語っている。

《父親の「いざとなれば助けてやる」という言葉に背中を押された》

甘すぎる。一緒に仕事をしたことがある建築関係者によると、仕事に取り組む姿勢はまじめだったものの「私生活はチャラかった」と話す。

「クラブ通いしてDJをすることもあった。ギャル好きの遊び人で“酔っぱらうと(セックスを)ヤリたくなる”と話したり、人妻や彼氏持ちの女性を奪いたいという性癖があったみたい。陰で“気持ち悪い”などと悪口を言う人が結構いた」(同・関係者)

常識がないのだろう。インスタグラムでは、禁漁中とみられる時期に伊勢エビや岩牡蠣を両手に《海よありがとう!》などとはしゃいでいた。

「夏場は上半身裸でよく缶コーヒーを飲んでいた。ゴミ捨てのマナーを守るように注意しに行ったら“おたくはどこのどなた?”と言い返されて怖かった」(近所の60代女性)

女性にモテなかったわけではないようだ。知人には「今年中に入籍するかもしれない」と話していたという。

実家を訪ねると玄関先に母親が出てきた。息子さんの犯行について……と取材意図を述べた途端、「そのことはちょっと、すいません」と青ざめた表情でドアを閉め、ガチャンと鍵をかけた。2度とインターホンに応答しなかった。

犯行の立証は裁判と捜査の進展を待つほかない。一方で6月16日には性犯罪を厳罰化した改正刑法が成立したばかり。

刑事法に詳しい甲南大学法科大学院の園田寿教授は「改正刑法は過去に発生した犯罪には適用されません」とした上で次のように話す。

「もし、強姦などを複数回行っていた場合は、併合罪加重といって最も重い罪の刑罰の上限1・5倍まで認められ、最長で懲役30年になります」

改正前の刑法で強姦罪は3年以上20年以下の懲役。強制わいせつ罪は同6か月以上、10年以下と定められている。

怒りと恐怖が交錯する住民の心情。藤井被告に帰る場所はあるだろうか。

[via:http://www.jprime.jp/articles/-/9939]

ネットの反応

・そういう奴は去勢が一番
・施錠をしない方が多いことに、驚きました。
・やばい奴。今までよく捕まらなかったよ
・これ完全にレイプされる直前だったよな
・一刻も早く性犯罪の刑罰を重くしてほしい。なぜできない?世の中レイプが多すぎて怖い。
・こいつ知ってるわ 旦那が隣で寝てようが構わず触る鬼畜
 で、ゴールは触るまでの謎のド変態
・時代が時代ならこんな奴ロボトミーだわ
・三回も捕まるってことは、実際は数十人単位で犠牲者がいそうだな。
・こんなヤツはシャバに出ても、絶対繰り返す。
・性犯罪者に刑が軽い理由がわからない(怒)
・GPS埋めろよ。

こんな記事はいかがですか?
注目されている記事
  • 2時間制の飲食店で退店を求められたら「ミジンコよりバカ」居座ったセラピストが炎上542ビュー
  • 【錯覚】隠れたアルファベット4文字 瞬時に読める?539ビュー
  • 【昭和】歌舞伎町でゲーセン売春する家出小学生がいた時代532ビュー
  • 国境なき医師団 セクハラや性的虐待で職員19人解雇していた121ビュー
  • タブーな売春島「渡鹿野島」の現在・・・112ビュー
  • TwitterJapan ネット知識のないクレーム係の老人が石床に土下座で大炎上!111ビュー
この記事、あなたはどう思いましたか?

もしかしてこの話題に1件くらいのコメントのようなものがついています?

  • 名無しのニュースマニアさん 2017/07/04 08:28

    てか、何故に近所で押入り性犯罪が横行しているのに呑気に鍵も掛けずに居る家多いのか?
    正に襲って下さいって言っているのと一緒でしょ?
    危機感薄過ぎていて襲われても仕方がないって言いたくもなる。

コメントを残す