変なニュース

痛いニュースと芸能や面白ネタ満載の変なニュース

カテゴリ:痛いニュース

【福井中2自殺】副担任とは小6から確執 厳しい叱責、原因は教師のいじめ!?

2017/10/17

LINEで送る
Pocket

福井県池田町の町立池田中学校で今年3月に2年の男子生徒(当時14)が自殺した問題で、亡くなった生徒の母親が16日夜、生徒の祖父母とともに自宅で取材に応じた。

息子が自殺にいたったことについて、「原因については、教師によるいじめだと思っています。本当にただただつらい。息子が戻ってきてくれれば、帰ってきてくれればいいんですけど」と目に涙を浮かべながら話した。

母親は息子について、「おじいちゃんおばあちゃん子で、私にもいつも『お母さん』と言って寄ってきて、本当に可愛くて、可愛くて」と振り返った。

有識者らによる委員会が作成した調査報告書は9月26日に受け取ったという。報告書は、「関わりの深い担任、副担任の両教員から立て続けに強い叱責(しっせき)を受け、精神的なストレスが大きく高まった」としている。

母親は「正直なところ、担任については(息子が)『怒られるんや』と話していたんですが、そんなにひどいとは思わなかった」と話した。

母親は息子が副担任から叱責されていることを担任に相談していた。だが、その担任からもひどく怒られていたことを知ったのは、息子の自殺後、生徒たちを対象にしたアンケートの結果を見たときだという。

「もし知っていたら、学校になんて絶対連れて行きませんでした。今でも毎日、毎日悔やんでいます」と後悔の念を語った。

学校の対応にも、不満や怒りをにじませた。「事故(自殺)当日、校長先生が(面会に)来ても悪びれた様子もなく、頭を下げることもなかった」と話した。

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/13757158/]

校長「生徒と教師のトラブルなし」

生徒の母親と祖父母が16日夜、自宅で報道陣の取材に応じ、生徒の自殺後、校長が保護者説明会で「生徒と教師とのトラブルはなかった」と報告していたことを明らかにした。

校長はその後も、しばらく教師による叱責しっせきを認めておらず、母親は「担任らの様子を他の教員も知っていたはずだが見て見ぬふりをしたのではないか。教師によるいじめだ」と批判した。

生徒の自殺前日、学校で過呼吸の症状に陥っていたことについても、学校から連絡はなかった。

母親は「知っていれば(学校に)連れていかなかった。毎日悔やんでいる」と話し、祖母は「(孫を)思い出すたびに、これまで一緒にやってきたことができないことがつらい」と涙声で語った。

[via:http://www.yomiuri.co.jp/national/20171016-OYT1T50083.html]


記者会見で頭を下げる堀口校長(左から3人目)

小6から確執「副担任代えて」

同校は生徒数40人で、1学年1学級。有識者らでつくる調査委員会が作成した報告書によると、副担任は昨年4月、池田中に異動となり、男子生徒のいた2年生を受け持つことになった。

副担任は生徒が小学6年の時、同じ小学校の家庭科の講師だった。当時ミシン掛けで居残りをさせられ、帰りのバスに間に合わなかったことがあり、生徒は家族に「副担任は嫌だ」と言っていたという。

昨年5月、生徒は「副担任が宿題未提出の理由を言い訳だとして聞いてくれない」と言って登校をしぶった。同じ日の午後に担任が家庭訪問をした際、母親は「副担任を代えてほしい」と求めたという。

しかし、担任は「代えることはできない。副担任と2人にならないようしっかり見ていきます」と答えた。この件は教頭に報告したが、学校からの指示は特になかったという。

[via:http://www.asahi.com/articles/ASKBJ52PWKBJPGJB00F.html]

調査委「指導範囲超える」

調査では担任らが生徒をめぐる出来事についてほとんど管理職に報告しなかったことも判明した。

担任が校長に副担任は男子生徒の気持ちを酌めていない面があると報告したこともあったが、特に指示は受けなかった。町教委によると、担任が叱責する声は校舎の上階にまで聞こえたという。

こうしたことから報告書は、管理職や他の教員も問題を知っていたのに「適切に対応しなかった」と結論づけた。その上で「問題があった場合は上司に報告し、教員同士で協議する勇気を持たねばならない」と指摘。

スクールカウンセラーなど専門の異なるスタッフが参画する「チーム学校」の取り組みを求めた。

町教委によると、担任は現在、町外の中学校に勤務し、副担任は池田中の別の学年を受け持っている。

[via:https://mainichi.jp/articles/20171017/k00/00m/040/030000c]

自殺するまでの経緯

2016年

10月 マラソン大会のあいさつの準備が遅れたことを理由に担任が校門前で大声で怒鳴る。

「身震いするほど怒鳴ってた」(生徒証言)

11月 課題未提出で副担任が問いただす。生徒は土下座しようとする。

2017年

1月か2月ごろ 生徒会の日に職員室の前で担任から「お前辞めてもいいよ」と大声で叱責される。

2月上旬 忘れ物をした生徒を担任が強く叱責。

2月21日 登校を拒否。

3月6日 担任から課題未提出の指導。早退を求める。

3月7日 登校を拒否。「僕だけ強く怒られる」

3月13日 過呼吸を訴える。

3月14日 中学校で自殺。

(調査委員会の報告書から抜粋)

3月14日夜、緊急の保護者会

「学校側は、現時点で、いじめや教師とのトラブルといった報告はない」と発表。

10月15日 担任らから厳しい指導を受けた精神的ストレスによる自殺だったとする報告書を公表、謝罪。

10月16日 池田町教委は、専門機関での診察を受けていないため断定できないとしながらも「発達障害の可能性が想定される」との指摘をしたとの報道。

[via:http://www.huffingtonpost.jp/2017/10/15/fukui-junior-high-suicide_a_23244233/]

ネットの反応

・記者会見では頭を下げるが遺族には頭を下げない校長
・ああ、学校ぐるみの殺人ですかぁ。
 犯人はどうしてるんですかね
・田舎暮らしのリスクだよ。
 狂った教師は田舎の方が圧倒的に多い。
・教師に嫌われたら逃げ場ないなー
・救いの無い世界
・でも学校休むとか登校しないとか
 マジメな子にはハードル高くない?
・子供は自分が生活してる範囲が世界のすべてだと思っちゃうから近くの大人が助けてやらんとな
・どの自殺事件の報告書もそうだけど、当事者教師の情報は最小限なんだよね。
 一体、何を考えてたか、さっぱりわからない。
 これじゃあいくつ報告書が作られても、十分な教訓は得られないよね。
・謝意はともかく、人が一人死んで悪びれないってのがなあ
 非は無くとも、結果に対して残念です位は言えないかね?
・校長はじめ関係する教師は責任をきちんととるべきだ
・ふたりとも、今ものうのうと教職を続けてるっていうのが、まず信じられない
・担任(写真向かって一番右)、副担任 (写真向かって一番左)

こんな記事はいかがですか?
注目されている記事
  • 【GIF】知らないのはもったいない!殿堂入りの伝説的なGIF画像426ビュー
  • 【炎上】BTSへの悪口に「性癖まで暴露可能」とファンのTSUTAYA店員が脅迫投稿226ビュー
  • 【画像】渋谷ハロウィン ハレンチ!?セクシーコスプレ写真館162ビュー
  • 中古車販売店がミシュランに掲載!?鳥取で起きた奇跡124ビュー
  • 戦隊モノの中の人 女子高生のスカートを切り裂き逮捕83ビュー
  • 【吹いたら負け】笑えるGIF Vol.1654ビュー
この記事、あなたはどう思いましたか?

もしかしてこの話題に1件くらいのコメントのようなものがついています?

  • 名無しのニュースマニアさん 2017/10/17 21:11

    副担任てナオンかよっ!ヒステリーババなのか?

コメントを残す