変なニュース

痛いニュースと芸能や面白ネタ満載の変なニュース

カテゴリ:痛いニュース

特急トラブルの次は覚醒剤運転士

2013/07/31

LINEで送る
Pocket

JR北海道の運転士が30日、覚醒剤の使用容疑で逮捕された。

特急列車のトラブルが相次ぎ、安全対策に取り組んでいる最中で起きた異常事態に、同社幹部は「信頼の失墜は免れない」と険しい表情で語った。

岩見沢運転所(岩見沢市)に所属する木村昌弘容疑者(30)の逮捕を受けて、JR北海道は30日夜、豊田誠・鉄道事業本部長らが札幌市中央区の本社で急きょ記者会見を開いた。豊田本部長は「会社発足以来の危機として約7000人の社員で安全対策に取り組んでいるが、危機意識が共有されていなかったと反省している」と述べた。

同社によると、木村容疑者は2010年8月から運転士となり、札幌―旭川間の特急「スーパーカムイ」や札幌―新千歳空港間の快速「エアポート」などに乗務していた。運転士になってから約2年11か月の間、事故を起こしたり、懲戒処分を受けたりしたことはなく、勤務態度も問題なかったという。

同社では運転士の体調把握や飲酒運転の防止などを目的に、乗務の前後に上司が運転士と対面して確認しているが、これまで木村容疑者に異常はなかったとしている。

道内では、05年にJR貨物の運転士が覚醒剤取締法違反容疑で逮捕される事件が起きている。この運転士は札幌地裁で懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受け確定した。

国土交通省北海道運輸局鉄道部の担当者は今回の逮捕に対し、「大変驚いており、事実関係の調査を急いでいる」と話す。JR貨物の事件と比べ、「運ぶものが貨物と人命では重みが違う。事実であれば厳正に対処したい」といら立ちを隠せない様子だった。

覚醒剤の影響について、道医療薬務課は、中枢神経に作用し、個人差はあるものの、眠気や疲労感がなくなることがあるが、作用が切れると脱力感に襲われることがあるとする。長期間使用し続けると、幻覚や妄想を引き起こす場合もあると指摘している。

[読売新聞]
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130731-OYT1T00351.htm

こんな記事はいかがですか?
注目されている記事
  • 【猛暑】日本の夏は昔よりも暑くなっている?「エアコンがなくても大丈夫だった」622ビュー
  • DMM アダルトを切り離し 8月1日から名称変更「FANZA」に378ビュー
  • 事故物件住みます芸人・松原タニシ パンチの効いてる奇妙体験329ビュー
  • 【猛暑】えっ!? 電車で扇子パタパタはマナー違反だった?134ビュー
  • 【妻殺害遺棄容疑】マザコン夫が勤務先のきらぼし銀行のHPで「東京の経済を支える…」125ビュー
  • 新幹線の座席「倒していいですか?」聞く派!?聞かない派!?最善策は・・・w74ビュー
この記事、あなたはどう思いましたか?

もしかしてこの話題に5件くらいのコメントのようなものがついています?

  • 名無しのニュースマニアさん 2013/08/01 17:08

    真ん中のだらしねー頭やな
    全剃りしちまえよ

  • 名無しのニュースマニアさん 2013/08/01 16:35

    他は大丈夫なのかな?

  • 名無しのニュースマニアさん 2013/08/01 01:22

    国が絡んでると悪業も一流やな

  • 名無しのニュースマニアさん 2013/07/31 22:58

    そもそもJR料金が高過ぎ!JRしか走ってないから仕方なく利用してるだけ

    それなのに覚醒剤とか居眠り、スマホとかいじりながら運転とか何なの?

  • 名無しのニュースマニアさん 2013/07/31 20:47

    まじありえない

コメントを残す