変なニュース

痛いニュースと芸能や面白ネタ満載の変なニュース

カテゴリ:痛いニュース

絶滅危惧のヤマネコを15年間自宅で飼育 飼い主を厳重注意→飼育方法を聞く

2013/10/25

LINEで送る
Pocket

国の天然記念物で絶滅が危ぶまれているツシマヤマネコを、長崎県対馬市の男性がおよそ15年にわたって自宅で飼育していたことが分かり、環境省は、男性に厳重注意する一方で、これほど長期間飼育された例は非常に珍しいとして、男性からこれまでの飼育状況について話を聞くことにしています。

環境省によりますと今月18日、長崎県対馬市に住む男性から対馬野生生物保護センターに「飼育しているツシマヤマネコの具合が悪くなったので治療してほしい」という連絡がありました。センターの職員が男性の自宅を訪ねると
衰弱しているツシマヤマネコがいて、センターに搬送して治療しましたが、およそ9時間後に死にました。

死んだのは15歳から16歳とみられるメスのツシマヤマネコで、死因は老衰の可能性が高いということです。

環境省の聞き取りに対して男性は「15年ほど前に対馬市の路上でけがをした子どものツシマヤマネコを見つけ、動物病院で治療したあと自宅で飼育していた」と話しているということです。環境省によりますと、男性の行為は希少な野生動物の捕獲を禁止した法律に抵触しますが、このケースは悪質性が低いとして厳重注意にとどめたということです。

一方で、15年以上という長期間にわたり、ツシマヤマネコが飼育された例はこれまでに2例しかないことから、環境省は、むしろ飼育の参考になるとして、今後、男性からこれまでの飼育状況について話を聞くことにしています。

[NHK]
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131024/k10015531141000.html

こんな記事はいかがですか?
注目されている記事
  • 【画像】鬼畜すぎるイジメがヤバいwブログで晒してた運送会社にパワハラで損害賠償命令715ビュー
  • 立川志らく 吉澤ひとみ容疑者の事件映像で立ち去る女子学生非難に言及559ビュー
  • 【仙台】早朝の住宅地で銃声3発 交番で警官刺殺 容疑者を別の警官が射殺347ビュー
  • 四十路女教師が教え子と“淫行”個別指導 卒業後も逢瀬を重ねる326ビュー
  • ヤンキー漫画の武器があり得ない件w109ビュー
  • 都道府県別に見極める!女性をオーガズムに導くツボ65ビュー
この記事、あなたはどう思いましたか?

もしかしてこの話題に11件くらいのコメントのようなものがついています?

  • 名無しのニュースマニアさん 2014/02/08 17:52

    やまぴかりにゃー

コメントを残す