変なニュース

痛いニュースと芸能や面白ネタ満載の変なニュース

カテゴリ:ありえない…

「今さら許さへん」生徒が気絶しても背骨を折るまで投げ続けた体罰教師

2020/10/17

LINEで送る
Pocket

柔道3段、「温厚」との評判もある先生が生徒に激高した理由は、「勝手にアイスを食べたから」だった。

まだ体もできていない中学1年生の男子生徒2人は延々30分間、黒帯の柔道家に絞め落とされ、失神してはビンタで起こされ、骨が折れるまで寝技をかけられ続けた。

にわかに信じがたいこの話は10月12日、兵庫県宝塚市立長尾中学校の数学教諭、上野宝博容疑者(50)が宝塚警察署に逮捕されて発覚した。

顧問を務める柔道部の男子部員2人に投げ技をかけて両頬を殴り、さらに寝技をかけ続けた末の傷害容疑。1人は首に軽い打ち身で済んだが、もう1人は背骨を折る全治3カ月の重傷だった。

「今さら許さへん」と怒鳴り、生徒が気絶しても投げ続けた

事件は9月25日午後4時半頃、柔道部が活動する道場で起きた。宝塚警察署の幹部が説明する。

「その数日前、冷蔵庫の中にあったOBからの差し入れのアイスキャンディーが数本なくなっていたことが発覚した。

上野容疑者らは部員らに『誰が食べたんや』と聞いて回ったが、だれも名乗り出なかった。その後、問いただされた2人の生徒が認めたんだが、それで上野容疑者の怒りが爆発したらしい」

この日、集まった部員らの前に2人を呼び出した上野容疑者は、「嫌だ」と叫ぶ生徒に「練習技」と称して30分間、柔道技を振るい続けた。

生徒は何度も「ごめんなさい」と謝ったが、「今ごろ言うても遅い」「今さら許さへん」と怒鳴り、生徒が気絶しても投げ続けた。

「背骨が折れるまでやっといて、指導なんていうレベルやない」

「部員といっても2人とも1年生で、1人はまだ仮入部でした。柔道は受け身も十分に取れない全くの初心者。それを『練習』『指導』と言って、ひたすら絞め続けたのです。

2人の生徒は今も学校に通えない日があるそうですが、子供たちの覚えた恐怖がどれほどだったかを考えると言葉もありません」(学校関係者)

一方の上野容疑者は、逮捕前の学校の聴き取りに「指導のつもりだったが感情的になり、体罰になってしまった」と説明。

警察の取り調べには「寝技はかけたが、殴っていない。(生徒が失神したので)意識を戻させるために、ビンタしただけ」と供述しているという。

兵庫県警幹部が呆れる。

「殴ったかどうかなんてどうでもええ。背骨が折れるまでやっといて、指導なんていうレベルやない。武道をたしなむ大人が初心者の子供に技をかけ続けること自体が暴力や。

けがで済んだが、次は殺してしまってもおかしくない。生徒から被害届が出たのは10月10日と11日。すぐに逮捕したんは、それくらいの危険性があると判断したからや」

頭突きで生徒を骨折させて減給処分になったことも

驚くのは体罰の中身ばかりではない。逮捕を受けて宝塚市教育委員会が開いた記者会見では、上野容疑者が体罰常習者だった過去や、学校側の不手際が次々と明らかになったのだ。

「上野容疑者は過去にも体罰を振るって3回懲戒処分をされていました。前任地の別の中学校で2013年、柔道部員をビンタしたり胸をつかんだり、重いときは頭突きで生徒を骨折させて減給処分まで受けています」(市教委担当者)

にもかかわらず、上野容疑者は4年前に今の中学校に赴任すると同時に、再び柔道部顧問に着任。

市教委幹部は「時間も経ち、上野容疑者も研修を受けていたので大丈夫と考えた」と話したが、彼が受けたアンガーマネジメント(怒りの抑制)研修は、何の役にも立っていなかった。

同僚教師も恐れる処分歴3回の“体罰常習者”だった

周囲の同僚も及び腰だった。「今回、上野容疑者が2人の生徒に執拗に暴力を振るい続けている間、横には副顧問の男性教諭がいました。

一部始終を見ていましたが『激高した上野先生が怖すぎて何も言えず、止められなかった』と言っています。情けない話です」(市教委関係者)

学校の対応も遅れた。体罰があった9月25日、「子供の様子がおかしい」という保護者からの指摘を受けて事態を把握したものの、市教委には「行きすぎた指導があった」と報告。

3日後に「体罰だった」と改めたが、被害生徒や保護者に謝罪をしたのは1週間後の10月2日だった。

「優しい先生という印象だが、キレると豹変するタイプ」

「指導する必要があると思ったのだろう。正義感が強い人だが、間違った形で出てしまった」。逮捕を受けた会見でも、市教委幹部はこのように「指導の延長」という見方を残し続けた。

一方の生徒らは上野容疑者の「異様さ」を感じ取っていた。

「私たちには普通の態度だし、優しい先生という印象もあった。だけど、柔道部の子はみんな怖がっていたので部活では違うんだな、と。部員から『上野先生にしばかれた』と聞いたこともあって、キレると豹変するタイプだと思っていた」(現役の女子生徒)

「今回はたくさんの生徒たちが見ていたから事実が分かったが、当事者しかいなかったら隠されていたかもしれない」と不信感を語る保護者もいる。

何もわかっていなかったのは、教える側の「先生」たちだけだったようだ。

[via:文春オンライン]
https://news.yahoo.co.jp/articles/0b04035f7962eb2e43868a97c3c1bbe76e03c21e

暴行防止の研修を受けた直後に

宝塚市教育委員会事務局
上江洲均理事
「(懲戒処分から)5年間問題も起こさずに研修も受けている、そういったことで意識も変えてもらっていると校長の思いもあったので、それと柔道の経験者でもあるので配置したという経過だろうと思っています」

処分を受け、怒りをコントロールする研修を受けたという上野容疑者。会見ではさらに、驚きの事実が明らかになりました。

2016年に宝塚市で中学2年の女子生徒が部活動やクラスでいじめがあったことで自殺し、その原因として教師の対応に問題があったと認定されました。

このことを受け市教委は、教師から生徒への暴力、暴言を防止する内容などを含む研修を実施。

上野容疑者はこの研修を8月27日に受け、わずか1カ月後の9月25日に今回の事件を起こしたのです。

――Q:そういう指導を受けている先生が、1カ月後にこういう事案を起こされたということは、市教委として受け止めは?

宝塚市教育委員会
森恵実子教育長
「返す言葉がありません。きっと、自分はできているというふうに思っているんでしょうね。講習を受けている時も。もしかしたら自分のこととして捉えていなかったのかも分からないです」

[via:教育委員会の会見/関西テレビ]

ネットの反応

・結局弱いものを拷問するのが好きな変態
・アイス1つで
・生徒への差し入れだったんだよね この教師は頭おかしいわ
・教師云々以前に人として厄介だな。
・ガキ相手にオラつきやがってくそ野郎
・教師の憂さ晴らしを「体罰」と呼ぶらしい
・背骨をどうやって折ったのか
 >背負い投げって受け身失敗すると頸椎とか背骨とかやられるよ
・再犯だってのにこれでも教師クビにならんのだろうな
・♂に教育と介護はやらせない方がええよ
・これは体罰ではなく、ただの暴力事件だよ。しかも暴行ではなく傷害。
・まだ50歳だし不起訴処分で現場復帰しそうだな
・何回も体罰で注意されてんでしょ?それでも背骨を折るような酷い体罰をするんだから学校が甘すぎ
・教育委員会は、正義に溢れた教師だった、と擁護しているんでしょ?信じられんわw
 >非行生徒の指導に向かえる教師は重宝されてるんやろ
・ウッディ・アレン「仕事のできない奴が勉強を教える。仕事も勉強もできない奴が体育を教える」
 >数学の先生
・顧問ばかり批判されてるけど人のもの無断で食うってどんな神経してんの?
・現代は息苦しい世の中という人もいるがこういうバカを叩けるいい時代となったと思うわ
・性犯罪、傷害罪、横領とかこの辺する公務員には制裁を!

こんな記事はいかがですか?
注目されている記事
  • 韓国で日本人未成年女性がレイプ被害「慰安婦の復讐」唖然とする韓国ネット民の反応329ビュー
  • 【観覧注意】女子中学生いじめ動画が拡散【胸クソ】強制手マンも209ビュー
  • 【梅田】女子高生飛び降り自殺【閲覧注意】生々しい映像が・・・現場に死神の姿!?153ビュー
  • かぐや姫こと大塚家具の久美子社長が絶体絶命 お詫びヌードで起死回生!?105ビュー
  • へずまりゅう激ヤセも…反省はしない?迷惑ユーチューバー連続摘発の裏側92ビュー
  • ホリエモン恨み節「金儲けのネタに」餃子店がクラファンで1000万円達成85ビュー
この記事、あなたはどう思いましたか?

コメントを残す