変なニュース

痛いニュースと芸能や面白ネタ満載の変なニュース

カテゴリ:ありえない…

【経験談】今度は「ウレタンマスク警察」登場!至近距離で怒鳴り声

2021/01/22

LINEで送る
Pocket

新型コロナウイルスの感染拡大と共に、マスク警察や帰省警察をはじめ、SNSやメディアで「●●警察」と呼ばれる人々が登場した。

いま再び「緊急事態宣言」が大都市圏を中心に発令されると、やはり「他人の行為が許せない」という人々の存在が増加の兆候を見せ始めている。

◆ニュースに影響された「ウレタンマスク警察」の恐怖

「電車でつり革に掴まって立っていたところ、目の前に座っている初老の男性に突然『おい』と声を掛けられて……」

東京都内に勤める事務員の太田佳奈さん(仮名・30代)は、その日もきちんとマスクを着用し、出勤するために電車に乗っていた。

イヤホンで音楽を聴いていたため、男性が何を言っているのか理解できなかったが、「おい」は口の動きでわかったという。

「変な人だと思い、無視しようと考えていましたが……次の瞬間、大きな声でお前のマスクは“ウレタン”だろう、ニュースを見ていないのか、と言われて。咄嗟の出来事で謝ってしまいましたが、頭が真っ白になり、次の駅で急いで下車しました」(太田さん)

◆まさか自分がターゲットになるとは…

オシャレなデザインが多く、繰り返し洗って使えることから人気のウレタンマスクだが、太田さんがその後ネットで調べたところ、一部報道で、不織布マスクと比較して飛沫量を抑えられないと言われていることを知った。

さまざまな施設で「不織布マスクの着用」が呼び掛けられているそうだが、太田さんはそんなこと全く知らなかった。

「まさに、“ウレタンマスク警察”ですよ。それより気になったのは、男性は不織布マスクをしているようでしたが、鼻が出ているうえに至近距離で話しているので……。そっちの方が危険じゃないかと思いました」(同)

マスクをしていないことを咎めるだけでなく、素材や種類についても他人に文句を言わなければ気が済まない人たちが現れたというわけだ。彼らの目は、マスクだけに向くものではない。

◆パン屋の行列を見て「ソーシャルディスタンスは2メートル!」と叫ぶ

神奈川県在住の会社員・野間かおりさん(仮名・20代)の経験談。

「美味しいパン屋があると聞き、お店に買いに行ったら行列ができていました。通路の足下にはステッカーが貼られており、ソーシャルディスタンスを保つように注意書きがありました。もちろんマスクを着用し、おしゃべりなどせず、そのステッカーの上に並んでいたんです」(野間さん)

列に並んで数分後、野間さんの目の前に現れたのは、派手な格好をした60代前後と思しき女性。当初は「割り込みでは?」と思ったが、やや間隔が詰まっていたことに対して女性が怒鳴り声をあげたという。

「並んでいた人たちに対して『ソーシャルディスタンスは2メートル!』。確かに、ソーシャルディスタンスは2メートル以上の間隔をあける、と言われていることもありますが……」(同)

行列に並んでいた小学校低学年と思われる女の子と母親が、彼女の怒気によって押しのけられた。子供が泣き出すと、一目散に立ち去ったという。

そもそもソーシャルディスタンスと呼ばれる距離は日本と海外でも異なり、その距離を保っているから100%安全というものでもない。ある意味、マスコミなどで流れる情報を何ひとつ考えることなく鵜呑みにして、それを人々に押し付けてまわる。

自分には知識がある、無知な人間に教えてやるのだ、という上から目線のおごりが垣間見られるが、似たような例が他にも見つかった。

◆他人のアラ探しをしては「文句を言いたい」人

「店頭に置いていた消毒剤について、40代くらいのとあるお客様が『効果がない』とか『撤去しろ』と騒がれました。私はワケもわからず謝ったのですが、その消毒剤はネットであまり評判がよくない商品だったみたいで……」

こう話すのは、都内のスーパーで店長を務める持田和彦さん(仮名・40代)。

その後、調べてみると、消毒剤についての評価は確かに割れていた。だが、持田さんが医師や専門家などに問い合わせてみたところ、効果がゼロではない、ということだった。

「意見があるなら普通に言って欲しかった。なのに、一方的に騒がれて。他のお客さんにも一部始終を見られておりますので、店の評判にも関わります。

気になったのは、その男性、文句を言う時に息苦しいのか、マスクをズラすんです。そっちの方がよっぽど怖い。何でもいいから他人に文句を言いたくて仕方がない人なんだと思います」(持田さん)

いま、新型コロナウイルスに対してあらゆる情報が飛び交っている。何を信じればいいのか、不安な気持ちはわからなくもない。

だが、こうした「●●警察」と呼ばれる人は、持田さんが言うように、他人のアラ探しをしては何か理由をつけて「文句を言いたい」だけなのかもしれない。

とはいえ、絡まれてしまったら、たまったものではないだろう。不幸にも雷に打たれてしまったと思うしかない。

[via:日刊SPA!]
https://nikkan-spa.jp/1729530

ネットの反応

・色んな警察いるんだなw
・唾を飛ばしてんのはどっちだろうね
・〇〇警察っていうのは「最新の情報を教え込む自分」に惚れ込んでいるだけ。そういう人はやるこてなすことに批判ばかりするんでしょうね。
・記事にあるような マスクをしながらでも怒鳴ったり、声を張り上げて喋ったりすると、多少なりとも飛沫をばら撒く事になる。残念な人達…
・閉塞状況のなかでイライラしてくると、クレームつけることができる相手、自分が上の立場に立てる相手には、攻撃的になるのでしょう。
・こういうの報道しないで良いです
・これも全部無責任に情報を垂れ流したマスコミのせい。マスクは完璧なものではない。くしゃみや咳に対するものならまだしも、普通に行動している人がウレタンでなぜいけない?だから通常行動の飛沫には効果があったから普及しているのだよ。マスコミはしっかりこの説明をすべきである。
・マスクをしていない人に関しては不快に感じますが、ちゃんとマスクをしている人に対しては、特に何も思わない人が多いのでは。
・どの種類のマスクであろうが咳クシャミと大声で話してなければそんなに心配する事もないのではと思う。
・これは言われる方も覚悟すべきリスク
・ウレタンマスクはノーマスクとたいして変わらんからマスクしてる風に誤魔化してる分ノーマスクよりタチが悪い
・簡単な話でウレタンを二枚重ねで装着すれば不織布と同じ数字になる
 >ウレタン2枚重ねでも息をするのは楽だよな
・普段使いが布メインの自分はマスク警察に“摘発”されないか危惧してます。不織布と10%くらいしか変わらない布まで否定されるのは違和感ありまくりで…
・そのうち、「国産じゃなきゃ」とか「医療用じゃなきゃ」とかにエスカレートしないといいけど…
・不織布は呼吸するのに苦しいから呼吸器系の持病を持つ人には向いてない
・不織布は冬場に呼吸してると中が湿ってきて呼吸不能になる
・最近の不織布以外ダメ、ぜったい みたいな動きは自然に出てきたのかな。それとも誰か仕掛けたのか
 >ものすごい不自然感じるよね ダブついた在庫とタイミングも合うし
 >明らかに在庫のダブつきを掃きたい意図が見て取れる そこに情弱のバカとテレビが乗っかってる
 >そういやほとんど中国からの輸入だったよね
 >台湾は早期にウレタンや布マスク禁止にして感染抑えこんだんだよ
・散歩であるとかジョギングは屋外だし、声を出さずに仕事をしている場合は布やウレタンのマスクでも十分。状況やシチュエーションに合わせて使い分けることが大切。

こんな記事はいかがですか?
注目されている記事
  • ドコを測った?ジムでわいせつ身体測定【逮捕】性器をくぱぁとVサインw300件のビュー
  • 5歳男児を餓死させたママ友の恐怖シナリオ おぞましい洗脳の手口とは?133件のビュー
  • 【画像】街で見つけた「キョーレツな張り紙」に動揺を隠せないwその2128件のビュー
  • 【観覧注意】女子中学生いじめ動画が拡散【胸クソ】強制手マンも111件のビュー
  • docomoショップの店員さん わらしべ機種変の裏技を伝授してしまうw95件のビュー
  • 【画像】ビーチでヌードになる海外のマンさんたちのスナップ写真48件のビュー
この記事、あなたはどう思いましたか?

コメントを残す