変なニュース

痛いニュースと芸能や面白ネタ満載の変なニュース

カテゴリ:ありえない…

「あーあって感じ」余興のとんでも表彰状で自殺!?パワハラで勤務先を提訴

2022/06/22

LINEで送る
Pocket

青森県八戸市の住宅会社「ハシモトホーム」が、青森市の40代の男性社員=2018年に自殺=に、賞状を模し侮辱する内容の書面を渡していたことが、遺族側への取材で分かった。

遺族は20日、パワハラや長時間労働が自殺につながったとして、会社などに約8千万円の損害賠償を求め、青森地裁に提訴した。会社側は「表彰の一環」と説明している。

原告側によると、関係会社も参加した30年1月の新年会の余興として、賞状形式の「症状」と題した書面を渡され、誹謗中傷をけた。余興は課長が企画し、文面も考案したという。

文面には

「今まで大した成績を残さず、あーあって感じ」

「陰で努力し、あまり頑張ってない様に見えてやはり頑張ってない」

などと書かれていた。

上司から「おまえバカか」とのショートメッセージを受け取るなどした男性は翌2月、重度の鬱病を発症し自殺した。

男性の妻は、代理人弁護士を通じ「こんな『症状』を渡して、家族が見たらどう思うのか、何も想像しなかったのかと不思議でなりません」とのコメントを出している。

[via:産経新聞]
https://www.sankei.com/article/20220621-SAR4XBLCPVNZNEDYKGDZKZPR74/


河北新報では「永野」ノーカット

「症状」妻が夫の部屋で見つける

弁護士によると、パワハラは少なくとも半年以上続いていたとみられる。「なんぼ頭わりのや」「相変わらずダメポンだな!」といったメールが複数回、送信された。

苦悩する姿を見た妻は何度も退職を促したが、夫は「家が完成して、お客さんに鍵を渡す時が一番うれしいから続けたい」と気丈に振る舞った。《中略》

「症状」は2018年2月、男性が自ら命を絶った後、妻が夫の部屋にあった紙袋から見つけた。

「家は幸せと夢が詰まった場所」

男性はうつ状態になっても病院に行くことができず、死亡後に精神疾患発病と認定された。

発症前1カ月間の時間外労働時間は、過労死ラインに近い76時間9分。妻は20年2月、青森労基署に労災を申請し、12月に認定を受けた。だが、会社側からは、いまだに謝罪の言葉がない。

妻は「注文住宅はお客さん一家の幸せと夢が詰まった場所。それを販売する会社なのに(中略)とても残念」と記し、こう結んでいる。

「お客さんであっても、社員であっても、誰かの大切な家族です。そんな当たり前のことが忘れられてしまっているのではないかと、腹立たしくてなりません」

[via:河北新報]
https://kahoku.news/articles/20220621khn000036.html


ハシモトホーム 橋本吉徳社長

社長「原因になったか疑問」

ハシモトホームの橋本吉徳社長は、書面を渡したことを認めた上で

「毎年の懇親会で、表彰の一環として渡していたもの。行き過ぎた表現だったかもしれないが、他の人にも渡していたので、亡くなった男性の不調の原因になったか疑問に思う」

と説明した。

[via:サンスポ]
https://www.sanspo.com/article/20220621-YXLKOMALUZO5BN5EPKXM4X72EU/

社長のコメントについて、千原ジュニアは「言った側の意見はどうでもよくて、言われた側がどう思うかがすべて。症状は非常に本当に不愉快」とこの会社を非難した。

高橋真麻も「いじめてる側は自覚がなくててあると思うんですけども、ここまできたら意図的に確信犯的にやっているなと思いますね」と指摘。

「昨今、テレビの影響で普通の方でもイジるて簡単に言うが、テレビのイジりはちゃんと分かってる人たちが、お互いのキャラクターが分かって仕事上、信頼関係があってやっていることなのでイジりを学校、職場に持って行くとこういったことを招くだろうなって」と私見を述べた。

[via:スポニチ/ゴゴスマ]
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/06/22/kiji/20220622s00041000356000c.html

青森県内の着工棟数第1位

青森県むつ市の建設関連事業者は語る。

「ハシモトホームさんは、現社長の父上である貞夫さんが一代で立ち上げました。

大手住宅メーカーの営業マンだった貞夫さんは“事業者本位の家づくり”に疑問を抱いたそうで、“お客様本位の家づくり”をしたいと思いたって独立したんだそうです。

それから青森・岩手・秋田の北東北3県に12拠点を展開し、寒冷地用断熱材を用いた2×4工法を積極的に取り入れたことで売上を伸ばしましました。その勢いは強く、12年連続で青森県内の戸建住宅着工棟数第1位を獲得したほどです。《中略》

現社長は一時、福島に修行に出た後に貞夫さんと代替わりしたはずです。

かつては似たような賞状を社員に配っても、もう少し和やかな忘新年会だったのではないでしょうか。今回のパワハラ問題の背景に、ハシモトハウスさん社内の“焦り”や“苦境”が見受けられる気がします」

パワハラの風土がまだ残っている?

一方、青森市出身で、地元報道機関に2010年代まで勤務していた首都圏在住の女性ライターは次のように語る。

「仕事柄、地元企業と交流を深めていました。ハシモトホームさんの幹部も取材したことはあります。

青森は津軽、南部、下北を問わず、飲み会は“激しく”、良い意味でも悪い意味でも“昭和”です。

もちろんおとなしく飲む人もいるのですが……。首

都圏などでは“アルハラやパワハラの温床”として次々に禁止になっている『忘年会』『新年会』の『かくし芸』もまだまだ各企業に残っていましたね。

私が10年前に担当していたある公官庁ですら、忘年会のかくし芸は必須でした。

特に入社年次の若い社員は、自社も他社も関係なく、いろいろな意味で恥をかかされます。

女性記者が露出の多いコスプレをさせられて、歌わされるなんてこともありましたね。

今は変わっているといいのですが」

[via:Business Journal]
https://biz-journal.jp/2022/06/post_303249.html

ネットの反応

・ひでぇな
・小学生か?
・イジメだよこれは
・あのさぁ…
・いい大人がこれをやったのか…
・謝罪なしは草生えんわ
・「表彰の一環」とか言えちゃう社長はなにを考えているんだろう
・こういうおっさん上司ほんまにおるからなあ
 >こう言うのが面白いと勘違いしてる50代とか多いからね
・クソみてぇなノリ
・田舎に行けば行くほど北斗の拳化していく好例
・まあ不動産や住宅メーカーなんてこんなもんですよ。
・なかなか企業の体質って変わらないのも現実
・永野とんだトバッチリw
・こんな会社やめちまえばよかったのに
・使えなさすぎた社員を採用したあとクビにもできないシステムも悪いねん
・いい加減殺人適用しろ
・悪気はなかったんじゃないかな これでやる気になって仕事してくれたら…という思いだったと思うよ
 >悪気のないサイコパワハラ上司の素質あるよ君
・陰湿だねぇ
・自主退職を促したかったとか?
・こんな形に残る事やるって相当危機意識ないんやな
・上司の顔と名前だせ
・「これはウケるやろなぁ…」ってニチャつきながらパソコンで作ったんかな 恥ずかしすぎやろ
・センスがありますね。人を侮辱するセンスが。周りの人の気分を悪くするセンスが。
・こんな賞状つくって渡しちゃう社風に引く
・これ会長公認なんか?名前入ってるけど
・3位でこれなんかw
・3位ってことは、これよりも酷い内容で罵られた社員がいるのかな‥。
・Googleの口コミ見たらこれ以前も酷評ばっかで草生えない

 >1年前というガチ感
 >仕事ぶりも糞なのか
 >ゴミ企業やんけ
・こんな会社が住み良い家なんか造れる訳ないね
・お客さんにも同じ態度なんでしょうね
・パワハラ関係なしに家建てた人からの評判クソ悪い会社なんやな

こんな記事はいかがですか?
注目されている記事
  • 「刺した直後に好きと言ってくれた」ホストを刺した女【観覧注意】血まみれ現場で電話の相手は…429件のビュー
  • 【調布墜落事故】映像に遺体が映り込んでいた!【閲覧注意】119件のビュー
  • 【観覧注意】女子中学生いじめ動画が拡散【胸クソ】強制手マンも88件のビュー
  • 女子「貧乳ニートだけどUSJ行きたい」→クラファンした結果w65件のビュー
  • 【梅田】女子高生飛び降り自殺【閲覧注意】生々しい映像が・・・現場に死神の姿!?62件のビュー
  • 【新宿駅南口】甲州街道の歩道橋で首つり自殺【閲覧注意】スマホで撮影され拡散55件のビュー
この記事、あなたはどう思いましたか?

コメントを残す