変なニュース

痛いニュースと芸能や面白ネタ満載の変なニュース

カテゴリ:ビックリ

大江麻理子アナが中国で拘束された過去を明かす!!詰め寄られ、連行され・・・

2014/12/09

LINEで送る
Pocket

テレビ東京の女性アナウンサー、大江麻理子さんが以前、中国の取材の際に警察に拘束された経験をツイッターで明かした。

大江アナは、現在も「好きな女性アナウンサー」の上位に選ばれる人気者。バラエティーから報道まで幅広くこなす才媛だが、「中国で拘束された」となれば穏やかでない。何が起きていたのか。

大江アナが自らの「拘束体験」をツイッターで告白した。

これは、テレ東の北京支局特派員を2008~13年務めた小林史憲氏が新著「騒乱、混乱、波乱!ありえない中国」(集英社新書)をツイッターでPRしたのがきっかけとなった。本の「帯」には「拘束21回!」とある。

大江アナは本の写真とともに「21回のうち1回は私も一緒でした」とツイートしたのだ。

小林氏の著書に、当時の詳細が書かれている。
2011年に特番で中国・重慶を取材した際、大江アナのたっての希望でスラム街を訪れた。音声やカメラなど含め総勢7人の一行は目立ち、徐々に地域住民が集まってくる。

取材時間が予定より長引いた結果、制服、私服警官が3人ずつ駆け寄ってきて「お前たち、ここで何をしている?身分証明書を出せ」と詰め寄られた末、全員が公安局(警察署)に連行されたという。

逮捕されたわけではないが、事情聴取は行われた。
小林氏は大江アナのことを「日本で非常に有名なアナウンサーです。『明星(スター)』です」と紹介し、「重慶という、驚異的な発展を遂げている都市」を日本で紹介するため、わざわざ訪れたと説明した。

大江アナ自身はずっとニコニコしていて、場を和ませたという。その雰囲気から、警官たちには「中国の暗部を探るようなディープな取材をするようには見えなかった」かもしれないと推測する。
結局、取り調べは次第に雑談に変わっていき、1時間半ほどで解放されたそうだ。

大江アナは学生時代、北京に語学研修で滞在した経験がある。2014年3月21日付の毎日新聞では、「新人アナウンサーのころに先輩から『自分の目で見たものを、自分の言葉で伝えなさい』と教えられた言葉を忘れない」とのエピソードが紹介された。

重慶でのスラム取材も、危険とは知りながらどうしても現場を見たいという「本能」が働いたのかもしれない。

小林氏は著書の中で、21回拘束されたうち報道されたのは1度だけで、中国での拘束は「外国メディアからすれば日常茶飯事」と明かしている。

大江アナのケースも深刻さの度合いは弱かったのかもしれない。とは言え「こうすれば大丈夫」という確固たる答えがあるわけではなく、油断は禁物だ。

[引用/参照:http://www.j-cast.com/2014/12/08222698.html?p=all]

こんな記事はいかがですか?
注目されている記事
  • 【猛暑】日本の夏は昔よりも暑くなっている?「エアコンがなくても大丈夫だった」623ビュー
  • DMM アダルトを切り離し 8月1日から名称変更「FANZA」に378ビュー
  • 事故物件住みます芸人・松原タニシ パンチの効いてる奇妙体験329ビュー
  • 【猛暑】えっ!? 電車で扇子パタパタはマナー違反だった?132ビュー
  • 【妻殺害遺棄容疑】マザコン夫が勤務先のきらぼし銀行のHPで「東京の経済を支える…」121ビュー
  • 新幹線の座席「倒していいですか?」聞く派!?聞かない派!?最善策は・・・w74ビュー
この記事、あなたはどう思いましたか?

もしかしてこの話題に3件くらいのコメントのようなものがついています?

  • 日ぃ村 2014/12/10 22:07

    やはり美人だから、拘束されたのかな。

  • 名無しのニュースマニアさん 2014/12/09 21:38

    勝ち組の女だから何か大変アピールされても興味ない
    ただの嫉妬だけどね

  • 名無しのニュースマニアさん 2014/12/09 18:24

    無事で何よりでした

コメントを残す