変なニュース

痛いニュースと芸能や面白ネタ満載の変なニュース

カテゴリ:暇つぶし

東京五輪エンブレムに既視感!?「くまモン」「Jリーグ」どころかパクリ疑惑も!

2015/07/29

LINEで送る
Pocket

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催まで、丸5年となった。

新国立競技場の建設問題も「白紙撤回」に一応着地し、ようやく大会に向け動き出そうとするなか、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は15年7月24日、大会のエンブレムを発表した。

20150729-2-1

発表されたエンブレムは「TOKYO(東京)」「TEAM(チーム)」「TOMORROW(トゥモロー)」の頭文字である「T」をあしらったもの。

パラリンピックは、平等を表す「=(イコール)」を縦に配置している。

すべての色が集まる「ダイバーシティ(多様性)」を黒で、「インクルーシブ(包含する)な世界」を大きな円で、「ひとりひとりのハートの鼓動」を赤い丸で表しているという。

このエンブレムを作ったのは、佐野研二郎さん。大手広告会社の博報堂出身で、日光江戸村(栃木県日光市)の「ニャンまげ」、TBSテレビの「BooBo(ブーブ)」、au(KDDI)の「LISMO」などを手掛けたアートディレクターだ。

国内外から104作品の応募があり、「デザインとしての美しさ、新しさ、そして強さ。そこから生まれる展開力。」を審査基準にして選ばれた。なお今回の発表により、以前から使われていた桜模様の「招致ロゴ」は役目を終えた。
20150729-2-2

大会エンブレムは、少ない色数で、落ち着いたデザイン。招致ロゴのようなカラフルさを予想していると、少し拍子抜けするかもしれない。

実際、ツイッターでは「桜の方が良かった」といった批判が出ているほか、共同通信などは漫画家やくみつるさん(56)の「暗い。厳かではない」との辛辣なコメントを伝えている。

20150729-2-3
報道によると、佐野さんは「1964年東京大会のエンブレムが好きなので、それを継承しながら新しいものを作りたかった」という。1964年大会のエンブレムも、赤の「日の丸」と、金色の「五輪」のみのシンプルなスタイルだった。

その一方で、シンプルで斬新なデザインだが、エンブレムを見た人々は、なぜか「既視感」を覚えている人が多いのだ。

ツイッターを見てみると、サッカー「Jリーグ」のロゴマーク、熊本県のご当地キャラ「くまモン」、白米とノリ・梅干しの「のり弁」、カードゲームの「UNO(ウノ)」――。

20150729-2-420150729-2-520150729-2-6

配色は違うが、「Tポイント」のロゴに似ているとの声もある。

あれこれと声は出ているが、まだ発表から1日たらず。これから5年間、目が慣れていくにつれて、なににも例えられないオンリーワンのデザインになっていく――かもしれない。

[引用/参照:http://www.j-cast.com/2015/07/28241371.html]

こんな記事はいかがですか?
注目されている記事
  • 児童ポルノDVDの購入者870人を書類送検wきっかけは「ありす」摘発378ビュー
  • ディズニーランドで撤去相次ぐ インスタ映えを狙う「ルール違反」281ビュー
  • 南青山ワイセツ院長の呆れた言い訳 カウンセリングでキス!?128ビュー
  • 【児童ポルノ法違反】売った側は処罰なしの事情とは・・・京都府警が明かす34ビュー
  • ブラック企業大賞 2018年のノミネート企業がコチラ26ビュー
  • 渋谷ハロウィンの軽トラック横転で男4人逮捕!なぜ警察は犯人を特定できたのか?24ビュー
この記事、あなたはどう思いましたか?

もしかしてこの話題に1件くらいのコメントのようなものがついています?

  • 郷西ひろゆき 2015/07/30 00:58

    うわっ、ちゃべー!また会社で糞した時にケツ拭いたら紙じゃなくスーツの裾で拭いてた
    ぎゃー、どうするやらー、半年に1回くらいの割合であるやら。

コメントを残す