変なニュース

痛いニュースと芸能や面白ネタ満載の変なニュース

カテゴリ:暇つぶし

『ブレードランナー 2049』前作の30年後を舞台にした続編の映像解禁!

2016/12/20

LINEで送る
Pocket

SF映画史上最高の傑作として、公開後30年以上にわたり語り継がれているリドリー・スコット監督の「ブレードランナー」(1982年)。その続編「ブレードランナー 2049」の予告編となる初映像が、このたび解禁となった。

オリジナル作品の舞台である2019年から30年後、2049年の世界が「ブレードランナー 2049」の舞台。予告編の冒頭では、オリジナル版に存在するデッカードの台詞から幕を開ける。

彼はかつて、まるで人間とは見分けのつかない“レプリカント”の反逆を阻止するために結成された捜査官“ブレードランナー”の一員だったが、あれから30年の時を経た。

ライアン・ゴズリング扮する新人捜査官の男に「俺はかつて有能だった」と語るが、

今はいったい何者なのか?

今回ライアン・ゴズリング扮する男が対峙している2049年の世界はどのようなものなのか?

今回の予告編の映像からは荒廃した世界も垣間見える。砂漠に横たわる像は何を意味するのだろうか。

ハリソン・フォードが前作の主人公リック・デッカード役を再び演じるほか、監督を務めるのは「プリズナーズ」「ボーダーライン」などでその才能が高く評価されているドゥニ・ヴィルヌーヴ。

新作「メッセージ」が全米で11月に公開され、連日の賞レースでも続々とノミネートを果たしている。アカデミー賞への呼び声も高い中、今最も注目されている監督の一人だ。

リドリー・スコットを製作総指揮に迎え、また主演のライアン・ゴズリングも新作「ラ・ラ・ランド」での演技で高い評価を得るなど、ハリウッドが最も注目するタッグとなっている。

多くの謎を残し、まだまだ詳細はベールに包まれたままだが、当時の「ブレードランナー」を彷彿させる、いや、それ以上の新しい世界観に、驚きと更なる期待感を煽られるに違いない。

独特の映像美、そしてかつての興奮を呼び覚ます音楽――オリジナルのファンならずとも、この新しきチャプターに無限の可能性を感じずにはいられないだろう。

映画「ブレードランナー 2049」は2017年11月、全国ロードショー。

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/12439298/]

ネットの反応

・結局追われる側になったのか
・この監督ならいいものができそうだな
・二つで充分ですよ
・駄目だな、これは。間違いなく駄作。ダークな雰囲気がない。
・ルトガー・ハウアーもカメオでどっかに出せよ
・これじゃ何もわからんし、完全にファン向けだな
・攻殻機動隊もハリウッドで実写リメイクされるし、サイバーパンク界隈がにぎやかだな
・ああ、ハングル…残念だ
・何から何までアナログで作られたあの世界はCGで超える事は出来ない

こんな記事はいかがですか?
注目されている記事
  • 【福井中2自殺】副担任とは小6から確執 厳しい叱責、原因は教師のいじめ!?295ビュー
  • AKBヲタ CD585枚を山に投棄して書類送検 投票券抜き処分に困る234ビュー
  • 【GIF】このGIFで笑ったら寝ろw3196ビュー
  • 気がつかないふりをするしかないw子どもたちのかくれんぼ78ビュー
  • JKの背中に入れ墨 ヤクザと彫師逮捕 「本人が入れたいと言うので…」77ビュー
  • 無料占いサイトが危ない!?情弱ビジネスの裏側を暴露71ビュー
この記事、あなたはどう思いましたか?

もしかしてこの話題に2件くらいのコメントのようなものがついています?

  • 丸ノ戸・喪彦 2016/12/22 12:12

    屁へーい!

    ブリッと屁がでるぜ!
    ケツで茶を沸かしたもう!

    屁ーい!

    ハイ、ブリット出ました

  • 名無しのニュースマニアさん 2016/12/21 12:37

    まあ、遊星からの物体Xも続編出たけど、一作目の人智を超えた手作業感はCGで超越することはできなかったワケだし

コメントを残す