変なニュース

痛いニュースと芸能や面白ネタ満載の変なニュース

カテゴリ:なるほど

NHKの映らないテレビ発売 受信料の支払い義務はない!?「油断するな」の声もw

2018/07/06

LINEで送る
Pocket

ソニーは、薄型テレビ「ブラビア」シリーズから2018年7月6日、4K液晶の「業務用ディスプレイ」として「BZ35F/BZシリーズ」を発売する。

テレビチューナーは搭載せずネット動画が見られる同製品は、発売前から「NHKが映らないテレビ」としてネットなどで注目が集まっていた。

受信料の支払いをめぐってNHKともめているホテルなどにとって「切り札」になるのではないかというわけだ。

受信料支払い義務はワンセグも含む

放送法64条1項は「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」と規定。

これが憲法が定める「契約の自由」に反するとして、争いが法廷に持ち込まれたが17年12月、最高裁は「合憲」の判断を示した。18年3月には東京高裁がワンセグ放送を受信できる携帯電話の所有者にも支払い義務を認めている。

NHKの地上デジタルの受信料は月額1260円~。同局の番組を見ないというテレビ所有者を中心に、この受信料の支払いに異を唱える人は多い。

ソニーは受信料議論が活発化した18年3月に「BZ35F/BZシリーズ」を発表。発売が近づくにつれネット上で注目が高まっていた。

同製品は無線LAN機能ならびに「Android TV」機能を搭載している。サイズは43型~83型までで、オープンプライス。

43型は、製品の価格比較などができる買い物情報サイト「価格.com」を見ると、10万円前後。業務用ではあるが、一般人にも手が届く価格帯ということで余計に注目されている。

テレビがなくても民放番組が見られる

BZ35F/BZシリーズはチューナーがないため、当然ながら地上デジタル、BS・110度CSデジタル、スカパー、CATVなどの放送を見ることはできない。

だが、無線LAN機能と「Android TV」機能が搭載されているため、インターネットを通して、無料配信の民放の番組を含め、さまざまな動画コンテンツを視聴することができる。

たとえば、インターネットテレビ局「Abema TV」、フジテレビが運営する動画配信サービス「FOD」、テレビ東京が運営する動画配信サービス「ネットもテレ東」などがある。

また、「Netflix」「Hulu」「Amazon Prime Video」「U-NEXT」「dTV」など、定額制の動画配信サービスも多い。バラエティ、邦画、アニメ、海外ドラマ、洋画などといったコンテンツが充実している。

なお、NHK放送も「NHKオンデマンド」で一部の番組を配信している。配信期間中に何度でも番組を視聴できる「見逃し見放題パック」は月額972円だ。

NHK放送の番組や、民放のテレビ番組をリアルタイムで見ることにこだわらない人には需要がありそうだ。また、客室テレビの受信料をめぐりNHKと意見が亜対立しているホテルの関心も引きそうだ。

18年2月には、NHKが客室テレビの受信料を支払わないホテルの運営会社を訴えた裁判で、最高裁はホテル側に客室数に応じた受信料をテレビ設置時から支払う義務があることを認める判断を示した。

[via:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12144-333147/]

NHKに問い合わせてみた結果

確かにチューナーがないモニターであればNHKの受信は不可能だから「受信料は払わなくてもいいのでは?」とも思える。だがしかし、ワンセグにせよネット放送にせよ、受信料の徴収にはスーパー本気を出してくるNHKだけに油断は出来ない。

そこでNHKに問い合わせ「NHKが映らないテレビが発売されるそうですが、受信料を支払う必要はありませんか?」と単刀直入に聞いてみることにした。

すると電話担当者はすぐに「上の者に代わります」と告げ、ちょっとエラいっぽい人が対応してくれたので、以下でやり取りをご覧いただきたい。

「お客様。お電話代わりました、〇〇と申します。引継ぎを受けたのですが、そもそも我々としては “NHKが映らないテレビ” の存在自体を初めて聞いたので、お答えのしようがございません」

──そうですか。今年春に行われたソニーの株主総会で話題になっていた商品で、2018年7月末から販売になるようです。厳密にはテレビではなくモニターで、チューナーは搭載されていないようです。

「左様でございますか。商品の詳細について存じ上げていないので、その商品についてはお答えができません」

──なるほど。では、一般論としてモニターでテレビを見ていた場合、受信料はかかりますか?

「基本的にNHKは放送、インターネットは通信です。例えば一般的なテレビやワンセグ機能付き携帯は “チューナーとアンテナ” を受信設備として見なすため受信料が発生します。そのどちらかが無いモニターは受信設備として見なしません」

──では今回の商品はチューナーが無いので受信料が発生しないということでよろしいでしょうか?

「個々の商品についてNHKとしての見解を述べることは出来ません。申し訳ありませんが、個人的な見解もNHKとしての見解も控えさせていただきます」

ハッキリと「受信料を支払う必要はない」とは聞けなかったが、一般論で言えば「液晶モニター法人向けブラビア BZ35F / BZシリーズ」はチューナーが付属していないのだから、受信設備として見なされないため、受信料は発生しないのではなかろうか?

ただ何度聞いても、最終的には「答えは控えさせていただく」の一点張りだったので、今回の問い合わせで「受信料は発生しない」と断定することは出来なかった。なので「じゃあ買っちゃおう!」と特攻するのは、現段階ではオススメしない。

テレビではなくモニターであるものの、物理的に「NHKが映らないテレビ」として機能する商品が開発されたことは、視聴者にとって選択の幅が広がったと言っていいハズだ。

他のメーカーも追従するのか? そしてNHKはどう対応するのか? 注目したい。

[via:https://rocketnews24.com/2018/07/04/1086281/]

ネットの反応

・ヘイヘイヘイ 焦ってるw
・職員の顔が半分青いな
・話題になったのに知らないわけない
 まだ上手い回収の屁理屈が考え付かないだけだろ
・発生すると言わない限り、発生しない
・ソニーやるじゃん
・エクスペリアのワンセグもNHKを外してくれよ。
・いいねぇ、NHKが見られなくてYouTubeと民放がみられるテレビが市場を席巻する予感。
・もっと小さいサイズもはよ
・映るかどうかなんてどうでもいいんだよ、契約すんなよw
・もうすぐ、法律が変わるから。NHKのために。
・受信できる可能性のあるものは徴収の対象になりうるのではなかったっけ
 可能性の話になると、途端に強気になるNHKなので、このテレビでもゴリ押ししてくるに一票
・受信する機能(チューナー)が無いのに受信料など取れるワケがなかろう
・テレビチューナー無し、アンテナ端子無しだから受信設備ではないもんなぁw
・これはテレビじゃないだろw PCモニターと同じようなものだ
・こんなの今に始まった話じゃないだろ。
・ケータイのオマケのワンセグでも受信料ガメル連中だぞ?
 しかも司法もNHKのグル 甘く見ないほうが良い
・ソニー商品ページの事業例におもいっくそホテルが書いてあって笑ったわ
・これで徴収できたら普通のPCモニターでも徴収できるようになるだろ
・nhkだけ見れないってのがミソだな。今後どのような難癖をnhkがつけてくるか高見の見物。
 >「NHKが映らないテレビ」と言い出したのはソニーではなく、誰だか知らない個人ブログ
>※ちなみにソニーに問い合わせたところ、アプリのインストールについて「理論的には可能だが動作保証は致しかねる」とのことであった。
・そもそもテレビとしての用途を想定してないんじゃないかこれ
・これは個別に対応案件ってことだろな。

こんな記事はいかがですか?
注目されている記事
  • 【吹いたら負け】笑えるGIF Vol.12959ビュー
  • 【吹いたら負け】笑えるGIF Vol.12323ビュー
  • 【妻殺害遺棄容疑】マザコン夫が勤務先のきらぼし銀行のHPで「東京の経済を支える…」200ビュー
  • 【猛暑】えっ!? 電車で扇子パタパタはマナー違反だった?83ビュー
  • 【画像】こどもの頃に怖かった、不気味だった看板・ロゴマーク【まとめ】57ビュー
  • 【GIF】笑っちゃいけないヤバイ事故ハプニングGIF画像44ビュー
この記事、あなたはどう思いましたか?

もしかしてこの話題に1件くらいのコメントのようなものがついています?

  • 名無しのニュースマニアさん 2018/07/07 10:59

    そのモニター買ってもスマホ持ってるならいみねー笑笑

コメントを残す