変なニュース

痛いニュースと芸能や面白ネタ満載の変なニュース

カテゴリ:なるほど

ZOZO前澤氏 法令に抵触しない「お年玉プレゼント」の巧みさ

2019/01/07

LINEで送る
Pocket

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZO社の前澤友作社長が、自身のツイッターで「100人に100万円をプレゼントする」と宣言したことで、お祭り騒ぎが起きている。このツイートは1月7日午後5時現在、400万リツイートを超えている。

前澤社長は1月5日、ZOZOTOWNの新春セールが、史上最速で取扱高100億円を突破したことを記念して、「僕個人から100名様に100万円を現金でプレゼントします」と投稿した。

応募方法は、1月7日までに、前澤社長のツイッターアカウントをフォローしたうえで、このツイートをリツイートすることだ。

当選者には、前澤さんからダイレクトメッセージが届くということだが、ネットユーザーたちの間では賛否両論が沸き起こっている。

締切が差し迫っているが、そもそも、こうした「プレゼント」は法的に問題ないのだろうか。秋山直人弁護士に聞いた。

●「景表法」には違反しない

「今回のキャンペーンは『お年玉』を誘い文句にした『ZOZOTOWN』の販促キャンペーンにも見えることから、『不当景品類及び不当表示防止法』(景表法)に違反しないか、気になるところです。

しかし、景表法では、規制対象とする『景品類』について、

(1)顧客を誘引するための手段として、

(2)事業者が、自己の供給する商品・サービスの取引に付随して提供する、

(3)物品、金銭その他の経済上の利益、と定義しています。

今回のキャンペーンでは、(1)については、このツイートの冒頭に『ZOZOTOWN新春セールが史上最速で取扱高100億円を先ほど突破!!』と記載されており、事実上、『お年玉』プレゼントの告知がZOZOTOWNの宣伝となり、顧客誘引の手段となっているとの評価は可能ではないかと思います。(3)は、当然満たしています。

しかし、(2)について、このツイートは、ZOZOTOWNの利用者に対象を限定しているわけではなく、ZOZOTOWNのサービスを一切利用しなくても、ツイッター上で、前澤氏個人をフォローし、そのツイートをリツイートするだけで『お年玉』に応募できるとされていますから、『自己の供給する商品・サービスの取引に付随して』提供されているとは評価できないでしょう。

また、前澤氏個人がポケットマネーをお年玉として配るとしているので、『事業者が』の要件も満たさないでしょう。以上から、今回のキャンペーンは、景表法には違反しないと考えます」

●「独占禁止法」にも違反しない

景表法以外の法律についてはどうだろうか。

「以前は、公正取引委員会告示によって、商品・サービスの購入や来店を条件としない、いわゆるオープン懸賞についても、『広告においてくじの方法等による経済上の利益の提供を申し出る場合の不公正な取引方法』として、1000万円を超える額の経済上の利益の提供を申し出ると、『景品類』には該当しなくても、独占禁止法上の『不公正な取引方法』に該当するとされていました。

しかし、この告示は、2006年4月に廃止されています。そのため、今回のキャンペーンは、独占禁止法に違反するともいえません。

また、もし100万円が当選したのが、暴力団員だったらどうかという疑問も生じますが、たとえば東京都の暴力団排除条例では、規制される『利益供与』は、暴力団の威力を利用することの対償としておこなわれる場合や、暴力団の活動を助長し、または暴力団の運営に資することとなることを知っておこなわれる場合に限られます。もし今回のキャンペーンで暴力団員が偶然に当選しても、条例の規制には抵触しないでしょう。

なお、当選金については、懸賞による賞金として、『一時所得』扱いとなり、(贈与税ではなく)所得税が課税されると考えます。

このように見てくると、今回のキャンペーンについて、法令に抵触する問題は特にないように思います。私もリツイートしましたので、当選を祈念しております」

[via:弁護士ドットコムニュース]
http://news.livedoor.com/article/detail/15839126/

RT数の世界記録達成

ZOZOの前澤友作社長がツイッターを更新。

自身の投稿が「100名様に100万円を現金でプレゼントします」と宣言したツイートに対する、リツイートの数が世界記録を更新したことを受け「皆様のおかげです。感謝感謝」とつぶやいた。

[via:スポニチアネックス]
http://news.livedoor.com/article/detail/15837930/

堀江貴文「PayPayは負けた」

同様の高額な還元サービスでは、昨年末、ヤフーとソフトバンクが共同で設立したPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」が記憶に新しい。利用者が殺到する騒ぎとなった。

還元額は前澤氏の100倍だが、一方、前澤氏のキャンペーンは「現金」のプレゼントという点でインパクトが大きい。堀江氏は7日、ツイッターで「100億円ばらまいたのに、前澤さんの一億円バラマキに完全に負けた感ありますね」と、前澤氏に軍配を上げ、「マーケティングって本当に難しいからおもしろい」とつづった。

[via:日刊スポーツ]
http://news.livedoor.com/article/detail/15838574/

こんな記事はいかがですか?
注目されている記事
  • コンビニ「成人向け雑誌」販売中止でエロ本業界に大きな打撃w447ビュー
  • 路上ライブ撲滅のため!?目の前でCD購入して踏み潰す「僕の中での正義感」205ビュー
  • 【新証言】教師はハメられた!?「炎上させようぜ」生徒が挑発!?暴行動画をSNSで拡散135ビュー
  • 大学生らスカウトと称し262人を風俗に沈める スーフリより酷いwその鬼畜な手口とは63ビュー
  • 未祐(えめらるだす・57)容疑者「警官を可能な限り殺害する」名前がwww25ビュー
  • 【東北道】チャイルドマークの軽を煽る男が逮捕 投稿動画が話題になっていたw24ビュー
この記事、あなたはどう思いましたか?

コメントを残す