変なニュース

痛いニュースと芸能や面白ネタ満載の変なニュース

カテゴリ:世界仰天

ウクライナで「殺人イルカ」が脱走

2013/03/18

LINEで送る
Pocket

敷設された機雷を見つけるばかりでなく、頭にナイフを括りつけて敵のダイバーを攻撃する「殺人イルカ」がウクライナで脱走したことがわかり、問題になっています。

逃げ出したのは、クリミア半島の南西にある黒海に面した港湾都市、セヴァストポリ(Sevastopol’)の軍港で訓練を受けていた5匹のイルカのうちの3匹。ウクライナのメディアによるとイルカは今月初めに行われた訓練の後、港に戻らず、行方がわからなくなっているということです。しかしながらウクライナの国防省は、これまでメディアが画像などを頻繁にリークしてきたにもかかわらず、軍用イルカの存在そのものを否定しています。

「イルカを軍用に調教することは80年代では一般的でした」。元ソビエト海軍の軍人で反破壊工作任務に携わっていたユーリ・プリャチェンコ(Yury Plyachenko)氏は、こう述べます。「発情期に入った雌のイルカを見つけた雄は、すぐに後を追います。そしてだいたい1週間後に戻ってきます」。

軍用イルカの調教は、1973年頃からセヴァストポリの軍港で始まったそうです。イルカたちは、敷設された機雷の探索、敵のダイバーへの攻撃のみならず、頭に爆薬を付けて敵の船を襲撃するといった訓練も受けたといいます。ソ連崩壊後、こうした軍用イルカたちは割譲された黒海艦隊と運命を共にし、調教師と共にウクライナ海軍に引き渡されました。

その後は、たとえば障がいを持った子供たちの水中歩行に付き添ったりとした任務をこなしていましたが、ノーボスチ・ロシア通信社(RIA Novosti)では、ウクライナの軍関係者の話として、昨年から再びイルカたちの軍用訓練が開始されたと報じていました。

[HEAVEN]
http://www.hvn4u.com/archives/27273

こんな記事はいかがですか?
注目されている記事
  • 【猛暑】日本の夏は昔よりも暑くなっている?「エアコンがなくても大丈夫だった」629ビュー
  • DMM アダルトを切り離し 8月1日から名称変更「FANZA」に384ビュー
  • 事故物件住みます芸人・松原タニシ パンチの効いてる奇妙体験339ビュー
  • 【猛暑】えっ!? 電車で扇子パタパタはマナー違反だった?128ビュー
  • 【妻殺害遺棄容疑】マザコン夫が勤務先のきらぼし銀行のHPで「東京の経済を支える…」115ビュー
  • 新幹線の座席「倒していいですか?」聞く派!?聞かない派!?最善策は・・・w75ビュー
この記事、あなたはどう思いましたか?

コメントを残す