変なニュース

痛いニュースと芸能や面白ネタ満載の変なニュース

1 / 41234
月別アーカイブ:

クッパ女体化で大ブームw【クッパ姫】描いてみた!イラスト40選

おもしろ画像

任天堂の「スーパーマリオ」シリーズに登場する敵キャラクター・クッパを女性化した「クッパ姫」という二次創作キャラが、ツイッター上で大ブームを巻き起こしている。 話題の発端は2018年9月20日のツイート。それからわずか数日で、多くの人気漫画家がイラストを投稿したり、コスプレに挑戦する人が出たり、同人誌の販売イベントが企画されたりするなど、爆発的な勢いで人気が広がっているのだ。 本家のクッパは、トゲの生えた甲羅を背負い、頭に2本の鋭いツノを生やした、怪獣のような悪役キャラ。 これを美少女キャラ風に「変身」させたのが、いま話題のクッパ姫だ。 誕生のきっかけは、14日に発表された新作ゲーム「New スーパーマリオブラザーズ U デラックス」に登場するスーパークラウンというアイテムにある。 任天堂の公式サイト上では、「キノピコ」というキャラがこのアイテムを被ると、ヒロインのピーチ姫と良く似た「キノピーチ」に変身できる、と説明している。 こうした設定をヒントにして、ある海外のネットユーザーが20日(日本時間)、「クッパがスーパークラウンを被って、美少女キャラのように変身した姿」を描いたイラストをツイッターで公開。 これが、日本のユーザーの間で「クッパ姫」と名付けられ、急速に注目を集めることになったのだ。 実際、23日夕方頃から翌24日夜にかけて、ツイッター上での流行語を表す「トレンド」欄にはクッパ姫というワードが登場。 ブームの発端となった海外ユーザーの投稿は、7万7000件以上のリツイート、17万3000件超の「いいね」を記録している(25日15時現在)。 オリジナルのイラストを投稿する動きも盛んで、イラスト投稿サイト「Pixiv」には、23日から25日昼までのわずか2日半の間に、クッパ姫を描いた作品が1400件以上も投稿されている。 漫画家もブームに「参戦」 そのほか、「アイシールド21」「ワンパンマン」などの作画で知られる村田雄介さんや、「ポプテピピック」の大川ぶくぶさんら、多くの人気漫画家もブームに参戦。クッパ姫を描いた自作イラストをツイッターに投稿している。 さらにツイッター上では、衣装を作ってコスプレに挑戦する女性ユーザーや、オリジナルのフィギュアを作り始めるユーザーの姿も。また、クッパ姫をテーマにした同人誌の販売イベントを企画し、参加を呼びかける動きもある。 ただ一方で、「クッパ姫」はあくまで非公式の二次創作キャラ。そのためツイッター上などでは、「任天堂はこの盛り上がりにどう対応するのか」「問題視されてもおかしくない」と危惧するような声も広がっている。 そこでJ-CASTニュースは25日昼、任天堂の広報担当者に今回のクッパ姫ブームについてコメントを求めたが、「インターネット上の書き込みなどに関しては、コメントは控えさせていただきます」とのことだった。

[via:https://www.j-cast.com/2018/09/25339499.html] 「クッパ姫を公式キャラに」任天堂宛ての署名乱立 「クッパ姫」ブームが広がる中、インターネット署名サイトでは任天堂に公式キャラクター化を求めるための署名が乱立。 「Bowsette is Real」という署名では、「クッパ姫」がネットユーザーに受け入れられていることを説明し、12月発売予定の「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」で公式に登場させて欲しいとしている。 この署名は既に7000人以上もの賛同者を得ている。海外発信のものが多いが、「任天堂はクッパ姫公式キャラ化してください!」という日本語の署名も存在。 「公式化により多くの方々が二次創作をやりやすくなるはず」としている。 公式化を求める署名が行われる一方で、この動きに反対する「Keep Bowsette Unreal ~クッパ姫公式化署名反対」も始動。 「クッパ姫」が公式化されると、「クッパ姫にかかわる全ての二次創作が禁止される恐れがある」として、署名の乱立を「馬鹿げた行為」と非難。 ファンの間だけで楽しむべきであると訴えている。なお、日本と海外で公式化の受け止め方の違うことについては、海外では二次著作物に公式の許可が必要な場合が多いことが関係しているとの見方もある。

[via:https://www.j-cast.com/2018/09/25339499.html] 【エロ系はコチラ】
【二次】クッパ姫のエロいイラスト早くも出回る!クッパで抜くことになるとは…w 続きを読む

安室奈美恵ファイナルツアーで入場拒否騒動「取り返しがつかない」チケット代を返金も問題拡大

ありえない…

16日に歌手を引退した安室奈美恵さん(40)が2~6月に開いたライブツアーで、知的障害者に発行される「療育手帳」を身分証として提示した人が入場を拒否されていたことが分かった。 チケット販売業務を管理する会社は謝罪し、代金 …
続きを読む

1 / 812345...最後 »