変なニュース

痛いニュースと芸能や面白ネタ満載の変なニュース

カテゴリ:世界仰天

アメリカ人が「アイスコーヒー」に目覚めてしまった!

2016/06/10

LINEで送る
Pocket

日本でコーヒーというと、自動販売機で手軽に買える缶コーヒーや、レコードが流れる昔ながらの「喫茶店」がかつての定番でした。

しかし、今ではすっかりお馴染みとなったスターバックスやタリーズなどの大型コーヒーチェーン店や近年の欧米におけるサードウェーブコーヒーブームの煽りを受け、日本のコーヒー事情も変化しています。

2015年、都内にオープンしたblue bottle coffeeや、ニューヨーク・ブルックリン生まれのGORILLA COFFEEは、今でも連日大行列、大盛況で、お昼時の席の確保は平日でも至難の業となっています。

そんなコーヒーブームの震源地ともいうべきアメリカで今、巻き起こっているのが、「アイスコーヒーブーム」。

何だか今更?という気もしますが、スタバなどの大手コーヒーメーカーから新進気鋭のカフェに至るまで、現在新しいアイスコーヒー商品を次々に開発中とか。

実はアメリカ人は大のホットコーヒー好き。

冷たい飲み物としては、アイスティーやエナジードリンクなどがシェアの大半を占めており、アイスコーヒーの消費量は全世界のわずか10%。

アメリカ国内では国民の20%のみがアイスコーヒーを好み、83%はホットコーヒーを飲んでいるとのこと。

確かに、カフェでは各々ホットコーヒーにミルクやシュガーを入れて、自分好みの「オリジナルコーヒー」をカスタマイズしている姿をよく目にします。

それが近年、アイスコーヒーのシェアが急増しているのです。

2009年には、そのオーダー数がコーヒーメニューの19%を占め、2013年の初めまでには24%まで上昇しました。

特に18歳から24歳の若者の間でその消費量が急増。

38%の若者がアイスコーヒーを好んで飲むという、世界平均をはるかに上回るシェア率を達成したのです。

何がきっけかでこのアイスコーヒーブームが到来したのかは定かではありませんが、冷たい飲み物や砂糖たっぷりのソーダで育った多くの若者たちが、大人になってから飲み始めたコーヒーに対しても同様の役割を求めているのだと分析する専門家もいます。

また同時に、消費者の間では甘味ゼロのエスプレッソやラテといった、コーヒーそのものの味を堪能する飲料への需要も増え、より本格的な味わいを求める声も高まっています。

[引用/参照/全文:http://news.infoseek.co.jp/article/mag2news_206812 ]

20160610-3-1
ロサンゼルスで連日人気を博している「ヴァーヴ コーヒー ロースターズ(VERVE COFFEE ROASTERS)」では、ゆっくり24時間かけ水出しで抽出したアイスコーヒーを専用のサーバーで窒素を詰めながら注ぐ。

こんな記事はいかがですか?
注目されている記事
  • 店を潰したバイトテロたちの末路 自業自得!?安すぎる和解金 加害者にやさしすぎる!?276ビュー
  • セブンイレブンvsFCオーナー 時短営業は契約違反!?「このままだと死んでまう」200ビュー
  • 《禁断》「自分の皮膚でハンドバッグ作りたいの」と息巻くおばあちゃん139ビュー
  • 【レオパレス伝説】「オナラは我慢」はマジ!?元住人に聞いてみた結果w101ビュー
  • 茨城女子大生殺害 新聞テレビが報じない《30万円》被害者が無職男宅へ出向いたワケ59ビュー
  • 女子高生の姫「暴走したい」で集結した50人が集団暴走で摘発w41ビュー
この記事、あなたはどう思いましたか?

もしかしてこの話題に1件くらいのコメントのようなものがついています?

  • 郷西ひろゆき 2016/06/12 12:51

    あー、なんか放屁したくなったなー

    俺は布団の中で少しつぶやいた。

    よし、GO!放屁しよう!

    ブリリリィー!
    !ブビチチチィ!

    はっ!?

    ガバッ!俺は布団から飛び出した!

    〜勝者、放屁くん&ダークマターくん〜

    俺は負けた、突然の出来事に負けた。

    走馬灯の様に色々な事が脳裏をよぎる。

    小学一年生の頃の先生「はい、ひろゆき君、ひろゆきの将来の夢は何かな?」

    ひろゆき「僕の将来の夢は、おこづかいをいっぱい貯めてお菓子の家を建てることです。」

    先生「叶うといいですね。」

    現在の俺・・・放屁くん&ダークマターに負ける

    WINNER 放屁くん&ダークマター

    認知しますか?

コメントを残す