変なニュース

痛いニュースと芸能や面白ネタ満載の変なニュース

カテゴリ:事故・事件

【コロンビア墜落事故】ガス欠だった!?「完全にダメだ!燃料がない」

2016/12/01

LINEで送る
Pocket

『Union Radio』は「管制塔との通信記録によって、コロンビアで発生したラミア社の飛行機事故の原因は燃料不足と通信エラーであった可能性が高まった」と報じた。

事故当日の月曜日は大雨。飛行機のパイロットを務めていたミゲル・アレハンドロ・キロガ・ムラカミ氏(ラミア社の共同創業者でもある)は、ホセ・マリア・コルドバ空港の管制タワーと墜落数分前から連絡を取り合っていた。

空港までわずか5分という場所を飛んでいた事故機は、まず管制タワーに対して優先的な着陸権を求める通信を行っている。

パイロット:燃料の問題が発見されたため、優先的な着陸権を求める

(13秒後)

管制:燃料問題のために着陸の優先順位を要求しているということで正しいでしょうか?

パイロット:そうだ

管制:了解しました。ローカライザー(計器着陸装置)をそちらに向け、7分後に着陸の方針を伝えます

その4分14秒後にはふたたびパイロット側から「燃料は緊急的状況にある。すぐに着陸コースを要求する」と通信が行われる。

それを受けて管制タワーはアプローチ中であった他コロンビア機を迂回させ、17秒後に事故機との通信を行う。

右旋回と高度を落とすことを要求するも、それをパイロット側は「難しい」と拒否し、既に降下し始めていることを伝えた。

そして管制タワーはアビアンカ航空9771便、アビアンカ航空9356便に指示を行った後、16秒後に再度の通信を行い、着陸に向けての完全な指示を送った。

しかしその2分4秒後にパイロットから緊急的な連絡が入る。

パイロット:当機は全て故障した。パワーが全て失われた。燃料が尽きた

(6秒後)

管制:進路はクリアです。消防士に警告しています

パイロット:方向が失われた。(着陸するための)コースへの方向が

管制:レーダー信号喪失。進路に通知がありません

この後パイロットは9000フィートまで高度が落ちたことを報告した後、通信に応答することはなくなった。

なおアビアンカ航空の現役パイロットによるこの音声の分析では、事故機は電源が全て失われる直前まで緊急事態宣言を出していないこと、それまでに絶対的な優先権を与えるよう要求がなかったことが指摘されているという。

なぜ切迫した緊急事態であることを伝えたのが墜落直前だったのか?

航空業界に於いてのルールにパイロットのミゲル・アレハンドロ・キロガ・ムラカミ氏が従わなかったことについては、

・履歴書に緊急事態宣言をしたことが書かれてしまう

・十分な燃料を積まずに飛んだことが発覚した場合、パイロットと会社に処分と罰金(2万5000ドル)が課せられる

からではないかと専門家から指摘が行われているようだ。

これらはあくまで現時点での論説であり、今後長くても一ヶ月程度でブラックボックスの調査が終了するため、それ以降に正しい分析結果が発表されると考えられる。

現在のところ確実なのは、管制タワーとの通信が始まってからわずか数分で飛行機の燃料が全てゼロになり、急降下で山に墜落している(残骸が小範囲に留まっている)ことである。

墜落の理由が燃料欠乏である可能性が高いことから、なぜその状態に陥ったのかという点について各紙が推測を行っている。

燃料がギリギリになっていた理由は?

20161201-2-1

この事故機BAe 146の最長航続距離は2965km(負荷や燃料の質などで上下する)であり、今回飛んでいたルートとほぼ同距離となっている。

飛行計画においてはボリビアのコビハ空港において補給を行う予定であったが、時間が遅かったためにそれができていなかったことを『La Prensa』などが伝えている。

また、ラミア社のCEOであるグスタボ・バルガス氏の証言によれば、燃料に問題があれば手前のボゴタ空港で補給する計画もあったという。

しかし、パイロットのミゲル・アレハンドロ・キロガ・ムラカミ氏は直接メデジンへと向かうことを決断している。補給の判断についてはすべて彼に任されていたという。

スイスで修行を行った経験豊かなパイロットである彼がどうして危険を冒す選択肢を行ったのか。それをグスタボ・バルガス氏は調査したいと発言しているようだ。

なお、サッカークラブなどを主な顧客としていたラミア社の経営は決して芳しいものではなく、ミゲル・アレハンドロ・キロガ・ムラカミ氏も創業者の一人であったことから、経済的な理由があったのではないかとも推測されている。

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/12356922/]

回収されたブラックボックス
20161201-2-2

ネットの反応

・燃料捨てるために旋回してたわけじゃないのか
・燃料の入れ忘れじゃねーだろうし意味が分らんな
・原因は飛行前の積載燃料の計算間違いか
・墜落しても炎上してないな
・気圧や温度の変化でパイプが切れて燃料が漏れたに違いねえ
・天候が悪くて旋回してたとかいう情報があるけど
・ひどい話だな 特攻隊かよ

こんな記事はいかがですか?
注目されている記事
  • 【吹いたら負け】笑えるGIF Vol.12675ビュー
  • 【吹いたら負け】笑えるGIF Vol.12474ビュー
  • 【妻殺害遺棄容疑】マザコン夫が勤務先のきらぼし銀行のHPで「東京の経済を支える…」257ビュー
  • 【猛暑】えっ!? 電車で扇子パタパタはマナー違反だった?117ビュー
  • 【画像】こどもの頃に怖かった、不気味だった看板・ロゴマーク【まとめ】86ビュー
  • 【吹いたら負け】笑えるGIF Vol.1160ビュー
この記事、あなたはどう思いましたか?

コメントを残す