変なニュース

痛いニュースと芸能や面白ネタ満載の変なニュース

カテゴリ:事故・事件

見せしめか?私怨か?謎に包まれたラーメン組長の射殺事件 ヤクザでは食えない?意外な副業事情

2023/04/27

LINEで送る
Pocket

古い下町に店を構え、時には自ら厨房に立つラーメン屋の店主が暴力団員であることは、近所の人たちも知っていた。

独自メニューが一推しの店は常連客もつかみ、それなりに繁盛していた。だが、店主はただの一組員ではなかった。開店から7年後、拳銃を口に突っ込まれて壮絶な最期を迎えると、誰が思っただろう。

4月22日、神戸市長田区にあるラーメン店「龍の髭」の前に何台もの捜査車両と救急車が並んだ。昼の営業を控えた店内で、口の中から大量の血を流して倒れていたのは店主の余嶋学さん(57)。

自ら厨房に立つだけでなく、インスタグラムからは数多のラーメン屋を食べ歩く研究熱心な様子も見て取れる「ラーメン屋の大将」だった。

牛テールでとったスープと、牛すじやホルモンを甘辛く煮込んだ地元のソウルフード「ぼっかけ」を売りにした20席ほどの小さな店。

500円台からあるラーメンは脂っぽさが抑えられ、さっぱりと清んだ目玉のテールスープと細麺がよくマッチした味わいが人気でもあった。

食べログの評価は「3.49」。海沿いに造船所や工場が林立し、労働者の街であり続けた下町風情が残る一帯の中で、常連や遠方からの客も来る店だった。

「前科も1つや2つではありません」

だが、「ただのラーメン店主ではありませんでした」と地元社会部記者は言う。

「彼は、特定抗争指定暴力団である山口組の三次団体『湊興業』の組長です。警察にも登録されている現役で、前科も1つや2つではありません。

2020年にも詐欺グループから詐欺収益の一部を受け取ったとして組織犯罪処罰法違反容疑で大阪府警に逮捕されています」


2011年 1億円恐喝未遂で逮捕されたときの記事[日経新聞]

そんなラーメン店主にそぐわぬ人物を襲った事件は凄惨だった。午前11時頃、買い物から戻った60代の女性店員が店の床に倒れている余嶋組長を見つけた。

口だけでなく、耳や鼻からも大量の血を流していたという。119番通報を受けてすぐに救急隊が駆けつけたが、既に意識不明。間もなく搬送先の病院で死亡が確認された。

兵庫県警の動きは鈍かった。殺人事件であれば真っ先にかけるはずの緊急配備を敷いたのは発生から3時間後。犯人はとっくに現場を離れていた頃だ。

「警察による殺人事件かどうかの判断はかなり遅れました。一見しただけでは遺体に目立った外傷が見つからず、当初は病死や自殺の可能性もあるとみたせいです。近隣の飲食店主らも店にいたにもかかわらず銃声を聞いていませんでした。

ただ、搬送後に口の中を頭に向かって拳銃で撃たれていたことが分かった一方、現場には使われた拳銃がない。その時点で殺人だと気づき、慌てて捜査本部を設置しています。

弾は貫通せずに頭の中に残っていました。口の中に銃口を突っ込まれて撃たれるという、非常に残忍な殺し方です」(同前)

余嶋組長が傘下に入る山口組は、8年前の分裂以来、神戸山口組や、そこから分派した絆會と抗争を繰り返してきた。2020年には特定抗争指定暴力団に指定され、その構図は現在も変わらない。

その中で湊興業は神戸で唯一、名古屋市に本部を置く指定暴力団「弘道会」の直系団体であり続けてきた。

弘道会は日本最大の勢力を誇る山口組の司忍(篠田建市)6代目組長が設立し、高山清司若頭が総裁を務める2人の出身母体で、余嶋組長はその直参でもあった。弘道会が山口組に入る前から続く関係だ。

「もはやラーメン屋が本業とも言える状態だった」

ただ、警察幹部や暴力団関係者らは、今回の殺人が抗争の一環であるという見方には否定的だ。

「抗争自体はほぼ結論が出ている。山口組側によるここ数年の攻勢で、神戸山口組はボロボロ。中核だった二次団体・山健組が離脱してからほとんど壊滅寸前だ。

一連の事件でも、相手を殺害にまで追いやってきたのは全て山口組側。今回の事件が神戸山口側による『返し(仕返し)』とは思えない」(警察関係者)

事件の背景は、全く別のところにあると話すのは元山口組関係者だ。

「ラーメン店の経営は暴力団にとっても人気のシノギ。とはいえ余嶋組長は自分でも店に立ち、自宅も店の上階にあった。もはやそっちが本業とも言える状態だった。

抗争の中でそんなイチ組長を狙う理由はなく、むしろラーメン店主になった経緯にこそ事件の理由があるのでは」

この関係者によると、ラーメン店を開業する前から湊興業は上納金の支払いもままならいほど「金欠」だったという。

「ずいぶん昔から湊興業が弘道会の会費を滞納しているという話はあった。組事務所を開いたときに貸し付けられた3000万円の返済も滞っていて、組長本人はヤクザとして生きていく気持ちがなかったのではないかとも。

2020年に逮捕された事件では、受け取ったのも10万円。それもラーメン屋の調理器具を買うのに使ったと聞いている」

だが、辞めたいと言って「はい、そうですか」とはならないのがヤクザの世界でもある。この関係者が推測するのが、今回の事件が「落とし前」や「個別のトラブル」だった可能性だ。

「拳銃を使った殺しは重大だ。警察も本腰を入れて捜査をするし、実行役は捕まれば無期懲役もあり得る。組織の上にまで捜査の手は延びるだろうし、そんなリスクを背負ってまで狙うほどの標的でもない。

犯人は金銭トラブルなどを抱えた、もっと短絡的な相手だったのではないか」

「20代くらいで全身黒ずくめの男が店に入って…」

実はこの店ではこれまでも、店の前に黒塗りの車が一日中停まっていたり、夜中に店に車が突っ込んだりすることがしばしばあったという。

「どう考えても警告や脅しの意味があると受け取れる。そんな嫌がらせの原因は、大抵の場合はカネだろう」

事件直前、現場では1人の男が店に入っていく様子が目撃されていたという。

「近くにいた人によると、店員の女性が戻ってくる前の午前10時半すぎ、20代くらいで全身黒ずくめの男が店に入って余嶋組長と話をしていました。

黒の上下に黒の帽子までかぶり、開店前の店に入ったので不審に思っていたそうです」(前出の記者)

この男は5分ほどで店を後にし、防犯カメラにもその姿が映っていたという。

一介のラーメン店主になりきれなかった男の最期を、100人態勢で捜査に当たっている警察は解明できるだろうか。

[via:文春オンライン]
https://bunshun.jp/articles/-/62438


ヤクザには見えない優しい表情の余島組長

なぜ組長はこんな変わった“二足の草鞋”を履いていたのか。組長が利用していたSNSには、「ラーメン愛」と「家族愛」に溢れた数多くの写真が投稿されていた。《中略》

世間を驚かせたのは、余嶋さんがこのラーメン店の店主だったことだ。「龍の髭」は、地元では「テールラーメン」が美味いと評判の人気店だった。

骨付きの牛テールがゴロリと入った出汁の効いていそうなラーメンである。値段は750円。食べログは3.49とまずまずの評価で、

〈やっぱりどこまでも優しい滋養溢れる牛テールスープが一番好きや〉

〈いつもの優しそうなオジサンがお出迎え〉

といった書き込みが連なっている。〈お勘定の時に、味つき玉子が無料か、生ビールが半額になるサービス券をオジサンが渡してくれる〉などのサービスもあったようだ。


「龍の髭」食べログ評価は3.49

ラーメンと孫の写真が投稿されたSNS

店内には〈骨まで愛するアナタに捧げる渾身のこの命(一杯)〉とラーメン作りにかける思いが記された紙も貼られていた。どうやら、客は現役の暴力団組長が経営するラーメン店とは気づかずに通っていたようだ。

さらに驚かされるのは、余嶋さんが利用していたInstagramである。887枚の写真が投稿されているが、その多くが、余嶋さんが全国で食べ歩いてきたラーメンである。

〈5日間で3回目行った〉〈チャーシューはゴツく食べ応えあり〉などの寸評もあり、研究熱心な余嶋さんのラーメン愛が伝わってくる。


余島組長のインスタ

次いで出てくるのが家族写真。

〈娘と孫と大阪までラーメンを食べに行ってその後は元町のケーキを買いました〉

〈娘の誕生日祝いにハーバーランドに行ってきました。孫も来てくれました〉。

一連の投稿からはコワモテのヤクザとはかけ離れた、家族思いの優しいお父さんしか浮かんでこないのである。


産まれたばかりのお孫さんと。「子どもの運動会に顔をだして、声かけると答えてくれるような普通のお父さん」

実際、余嶋さんはヤクザから足を洗おうとしていたという情報もある。

「神戸に唯一進出している弘道会系組長として頑張っていましたが、上納金が払えなくなるほど行き詰まり、組は解散状態だったと聞いています。数年前から生活のためにラーメン屋を始めた模様です」(事情通)

“一人組長”が増えている

自身も暴力団員だった過去を持つ VTuber(バーチャルYouTuber)の懲役太郎氏は「ヤクザがいよいよ食えなくなってきたことを示した事件」と語る。

「暴対法ができてからシノギが減っていき、カタギになりすまして、土木、タクシー、飲食業などの正業に就いて働いているヤクザが増えています。

余嶋さんのように組員を養うことができない、名ばかりの“一人組長”も少なくありません。

だったらカタギになればいいと思うかもしれませんが、弘道会のように厳しい会則を持つ組織では簡単に辞めさせてもらえません。

“進むも地獄、退くも地獄”の状態に追い込まれているヤクザが増えているのです」

余嶋さんがどのようなトラブルに巻き込まれて殺されたのかはまだわかっていない。

地元民に愛されていたラーメンが食べられなくなってしまったことは残念なことである。

[via:デイリー新潮]
https://www.dailyshincho.jp/article/2023/04241131/


名前:余嶋学
(よじま まなぶ)
別名:湊 学
(みなと まなぶ)
出身:兵庫県神戸市
年齢:57歳
職業:ラーメン店店主、山口組弘道会系組長
家族:10代の頃に両親を亡くす。妹と弟の3兄弟
結婚:既婚
子ども:長女(40)と店のバイトもしていた娘さん含め3人、お孫さんも
インスタ:Manabu(manabu.co.jp)
龍の髭(ryuno.hige)

逮捕歴:

・2011年11月、輸入雑貨販売業の男性から現金約1億円を脅し取ろうとしたとして、余嶋組長ら2人が恐喝未遂の疑いで逮捕された。余嶋組長は存在しない金銭トラブルを理由に因縁をつけ、「俺は弘道会だ。借金はお前が払え」などと恐喝したという。

・2016年04月、知人が酒気帯びなのを知りながら、知人が運転する車に同乗したとして、余嶋組長が道路交通法違反の疑いで逮捕された。

・2016年05月、兵庫県神戸市にあるバーの店長に因縁を付けて脅迫し、頭を踏んでケガを負わせたとして、余嶋組長ら3人が暴力行為等処罰法違反と傷害の疑いで逮捕された。その後、余嶋組長は神戸地裁で無罪の判決を受けている。

・2020年11月、休眠会社の社員を装って電気店などから発電機などを大量に購入し、代金を支払わずに姿を消して商品を換金する『取り込み詐欺』を行っていた詐欺グループから、犯罪収益の一部だと知りながら現金を受け取ったとして、余嶋組長が組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕された。


山口組 弘道会若中 湊学

五代目山口組『初代弘道会』傘下『板本組』で若頭を務めた後、1997年頃に弘道会の直参に昇格したとみられる。弘道会若中に就任し、自身で湊興業を立ち上げて組長に就いた。

2005年08月、五代目山口組若頭だった初代弘道会の司忍会長が六代目山口組組長を襲名し、六代目体制が発足。弘道会は高山清司若頭が二代目弘道会会長を継承。余嶋組長は引き続き二代目弘道会若中を務めた。

2013年09月、二代目弘道会の竹内照明若頭が三代目弘道会会長を継承。余嶋組長は引き続いて三代目弘道会若中を務めた。

2015年08月、六代目山口組から複数の組織が離脱し、離脱組で神戸山口組が結成された。山口組の分裂によって分裂対立抗争が勃発し、車両特攻や襲撃事件などが相次ぐ。

2016年03月、何者かが湊興業の組事務所に侵入し、内部が荒らされる事件が発生。

2016年05月、「龍の髭」オープン。

2020年01月、六代目山口組と神戸山口組が特定抗争指定暴力団に指定され、神戸市を含む複数の市町が警戒区域に設定されたため、湊興業の組事務所は使用禁止となった。

ガタイが良く、腕っぷしに自信があったようで、過去には神戸チキンジョージで開催された格闘技の大会に出場しているとみられる他、ブラジルの柔術家であるヒクソン・グレイシーとスパーリングをしたこともあったという。


キックボクシングの試合に出場


ヒクソン・グレイシーと

ヤクザとラーメン屋を兼業

余嶋組長は三代目弘道会の会費を滞納していて、今後も払える見込みがないため、直参から降りて同じ三代目弘道会の傘下組織で大阪府大阪市浪速区に本部を置く、三代目米川組の相談役に降格しようとしたが、本部から却下されていたとされる。

また、湊興業の組事務所の購入費用を弘道会から借りたまま返せておらず、湊興業に組員も居ないという。余嶋組長は直参から降りることも引退することも出来ず、1人親方で現役を続けたまま、自らラーメン屋の厨房に立って仕事をしていたとされる。



「龍の髭」ではバイトだった?

ネットでは、余嶋学は「龍の髭」でバイトだったという声もある。

実際、「龍の髭」のインスタではふくろ店主という店長的な人物がメインで登場しており、余嶋組長はバイトのおっさんとして紹介されている。


ふくろ店主と余嶋組長

もしかしたら、現役ヤクザの立場から、なるべく目立たないように、表向きには別に店主を用意して、余嶋組長は実質オーナー的みたい立場だった可能性もあるが…。


竹垣悟氏

抗争か私怨か?

敵対組織との抗争なのかはたまた……。

元山口組系義竜会会長の竹垣悟氏(現在は、暴力団組員の更生を支援するNPO法人「五仁會」を主宰)が解説する。《中略》

「余嶋組長の体内から弾痕が見当たらなかったので、死因は脳卒中ではないかと一時取り沙汰されたところもありました。が、頭部のCT画像などから、何者かによって銃撃されたと見られています」

と、社会部デスク。店内からは他の銃弾は見つからず、発射済みと見られる空の薬きょうが見つかっている。

「店の上の階に住む余嶋組長が午前11時ごろに店を開け、女性従業員(65)が店に顔を出したところ、余嶋組長がこの従業員に買い物を依頼しました。

その後、帽子をかぶった人物が入店し、数分して店を離れる場面が店の入り口に設置された防犯カメラで確認できているようです」(同)

銃弾は右目の下から入って

ものの10分のあいだの惨劇で、「帽子をかぶった人物」は用意周到に余嶋組長を狙っていたことが予想される。

「銃弾は余嶋組長の口の中から頭に向かって撃たれたとの報道もありましたが、実際は右目の下から入ったとのことです」

と指摘する竹垣氏は、今回の件をどのように見ているのか。

野球賭博のトラブル?

「私は抗争ではないと見ています。余嶋組長は野球賭博の胴元だとされ、ここ最近は胴元でも賭博がうまく行かず、カネの面で困っていたとの話を聞いています。余嶋会長にカネ絡みで私怨を抱く者の犯行の可能性がありますね」

余嶋組長の配下には若い衆が1人おり、その人物の知人から竹垣氏は話を聞いたのだと打ち明ける。

「余嶋組長は用心深いタイプで、少なくとも開店前に知らない人間を店の中に入れることはないだろうということでした。これを裏返せば顔見知りが店にやってきた可能性が高く、“帽子をかぶった人物”は余嶋組長とは顔なじみだったのかもしれません」(同)

カネや絆會との関係は

カネに関する噂は他にもあり、神戸・須磨に組事務所を設立する際に弘道会側から借金をしていたとの話もある。

「確かに設立時に本部から700万円を借りているのですが、10年ほど前に完済したとの話を余嶋組長がしていたと聞きました」(同)

ところで、事件の起こった神戸・長田と言えば絆會の織田絆誠代表の自宅の近くだ。織田代表は元々、6代目山口組に所属していたが反旗をひるがえして神戸山口組結成に参画。が、そこも脱退して絆會を結成した。

現在は神戸山口組と連合を組む池田組と運命共同体の関係にある。その絆會がヒットマンを差し向けたとの説についてはどうか。

「そもそも絆會が6代目側と揉めて良いことは少しもなく、関係ないと私は思います。

ただ、絆會が関係しているといった噂は根強くあり、その裏取りをしていくと覚せい剤絡みだとの指摘があるのですが、余嶋組長自身は、覚せい剤を好まないとのことでした。したがって余嶋組長が絆會と覚せい剤絡みで揉めることはないように思います」(同)

弘道会直参組長とラーメン屋

一方、敵対組織である神戸山口組傘下・4代目大門会の清崎達也会長とは服役中に兄弟分になったとされる。

「山口組が分裂した後も、それぞれの組織に“リクルート活動”を展開していたようです」(同)

ともあれ、ラーメン屋の店主が6代目山口組の中核組織である3代目弘道会直参の組長だったことに、世間は少なからず動揺を隠せないでいるようだが、

「私にとっては特に違和感はないですね。テキヤはラーメン屋を経営したりしますし。もともと余嶋組長はラーメンの仕込みを手伝っていたのですが、料理する人がいなくなって店主になったとのことです」(同)

3代目山口組の田岡一雄組長は「生業を持て」と配下に説いていたとされる。ある意味で余嶋組長はこの教えを忠実に守ったということなのかもしれない。

「弘道会直参組長とラーメン屋店主の肩書が両立しない・そぐわないという見方は確かにあるのかもしれませんが、そこまで力のある組織でないならばそれなりにカネを稼ぐ仕事を別にもっていたとしても何ら不思議ではありませんね」(同)

いつもカウンターの隅に

「弘道会の関係者からは店に顔を出すべきではないと言われていたようですが、余嶋組長はいつもカウンターの隅に座っていたそうです。

後輩から牛テールを格安で仕入れ、それを売りにしたラーメンを提供していたと聞きました。もっとも、そのラーメンは主に第1発見者の女性従業員が作っていたとのことですが」(同)

犯人と思しき「帽子をかぶった人物」の顔は防犯カメラからうかがえないようだ。その歩き方から年齢層を限定する見方もあるが、なかなか確定できないという。

神戸で唯一の弘道会直参組織の組長の亡骸は24日、自宅に戻った。依然、その死は謎に包まれている。

[via:デイリー新潮]
https://www.dailyshincho.jp/article/2023/04260604/

関連SNSでは惜しむ声

・いくらヤクザでも真っ当に生きてる人間を射殺するなんて
・家族思いの良い人だった。
・ヤクザなんかならんかったら今頃美味しいラーメン屋の店主として取材のひとつも受けたかもしれない。
・美味しいラーメンを食べさせて下り有難う御座いました。
・極道かなと思うほど格好も付けず誰にでも変わらない人でした
・いつも、美味しく笑顔の素敵な人でした。
・雑草は死なず🌱余嶋学さん貴方の事は、御家族の心の中で永遠に生き続けます
・来世はヤクザではなくラーメン作りを目指す人として生まれ変わってください。
・早くにご両親を亡くして辛い人生だったと思います、貴方をこんな目に遭わせた人には必ず天罰が下ると思います、安らかにお眠りください

ネットの反応

・恐ろしい事件ですね。身の毛がよだつ。
・残虐過ぎる
・過去から命を奪われるなんてやるせない事件。
・店主が何処の誰だろうが驚きもしないが、やっぱり過去は追いかけて来るって話。
・一度足を踏み入れてしまったたら、そう簡単には抜けられない世界なのでしょう。
・マンガの設定みたいだな
・やーさんには見えん。
・タンクトップ着てる写真でも刺青が入っていなくて本当に気の良いラーメン屋のおっちゃんって感じ。
・食べログ調べたら3.49って中々のお店やん。
・ラーメンをすごく愛したひとだったようで、その点は好感が持てます。
・ヤクザじゃ食えないのか
・いよいよ暴力団が立ち行かなくなってきている証明。
・現役の暴力団組員でも、ラーメン屋の店主になれるのね。
・一般の客が事件の巻き添えにならなくて良かった。
・抗争事件ではないと思う。
・内部粛清だろうな上納金も滞納で貸付金の返済も滞っていたとなると。
・これは見せしめだ。借金抱えたまま、てめえだけカタギになろうとしてんじゃねーよってところか。
・方々から金かりまくっていたという話もあるから、金銭がらみのトラブルの可能性が高いだろう。
・ホントは上納金のトラブルで竹垣氏は「うちの若い衆に貸付金の回収に行かせたら返済を渋って撃ってしまったから、上手いこと言っておいてくれや」と弘道会から依頼されたのかも。
・銃撃前に会話をしていたとなると不意打ちではない。かつては地下格闘家でもあり、腕っぷしの強さでは知られていたらしいから単独犯だとすると大胆な奴だ。
・せつない。インスタ見たけど大きい娘さんもいるんだよね。最初から普通に生きてれば普通の幸せがあったのにね。
・辞めたくても簡単には抜けられない世界。
・この店主もかつては悪事を働いたんだろうが、カタギになろうとしている人を救ってやらないとヤクザはずっとヤクザのまま、暴力団を衰退させられない。
・対暴法は解るんだけど、暴力団から完全に足を洗ってからの支援が全くないようでは単なる締め出し法だと思う。
・ご冥福をお祈り申し上げます。

こんな記事はいかがですか?
注目されている記事
  • 【GIF】笑顔でおっぱいペロンと見せてくれる日本人のお姉さんたちVol.259件のビュー
  • 【GIF】性に興味津々なJKたちの危うく淫らな放課後の課外実習がコチラ57件のビュー
  • 【禁断】女教師さん男子中学生の教え子と「断りきれず」一度きりの性行為で懲戒免職54件のビュー
  • ボビー・オロゴンを在宅起訴 妻に「ボコボコにする」デコピン暴行51件のビュー
  • 【動画】潮吹きはおしっこか否か論争に決着!研究者が膀胱に着色料注入して可視化してみた結果w49件のビュー
  • 視聴者に衝撃!サザエとマスオが磯野家で暮らす理由がヤバ過ぎるw40件のビュー
この記事、あなたはどう思いましたか?

コメントを残す