変なニュース

痛いニュースと芸能や面白ネタ満載の変なニュース

カテゴリ:事故・事件

渋谷・母娘刺傷事件 中3少女「あの子死んだ?」うつろな目で空を見上げたまま戦慄の言動

2022/08/24

LINEで送る
Pocket

「尋常ではない『ウヮ~~~!』という女性の叫び声が、1分以上も続いたんです。

これはタダ事ではないなと外に出ると、女性3人が柔道の寝技をかけるように路上でもみ合っていました。

少し年配の女性が『離しなさいよ!』と叫んでね。

彼女と争っていた少女の手には、ナイフが握られていました」

都内の繁華街近くで起きた凶行を、こう振り返るのは近くに住む男性だ。

事件が起きたのは、8月20日夜7時過ぎだ。場所は東京都渋谷区の円山町。JR渋谷駅から西へ700mほど離れた場所で、付近に飲食店はあるが人通りは少ない。

その静かな路上で、埼玉県戸田市に住む中学3年生の少女(15)が、歩いていた母親(53)と娘(19)をいきなり背後からナイフで刺したのである。

「母娘は、杉並区内の自宅へ帰る途中でした。少女が持っていたナイフは、刃渡り8.5cmほどです。

母親は両肩と腹部、背中。娘は左腕と背中を刺されました。

娘の背中のキズの深さは10cm以上になり、強い殺意が感じられます。母娘ともに命に別状はありませんが、全治3ヵ月以上の重傷です」(全国紙社会部記者)


犯行直前の少女を捉えた防犯カメラの映像。親子とみられる2人組の後をつけている

少女が自宅を出たのは、事件当日の昼頃だ。

「塾に行ってくる」

そう母親に伝えると、電車に乗りJR新宿駅へ。人通りの少ない場所を探し、新宿から歩き回っているうちに現場にたどりついたという。ターゲットに選んだ母娘とは、面識はなかった。前出の住民男性が語る。

「背中を刺された娘さんは、グッタリしていましたね。母親と少女がもみ合っている時に、近くの飲食店の従業員が少女の手からナイフを取りあげました。



男性従業員が少女からナイフを取り上げる

従業員は(再び凶器とならないよう)ナイフを2~3m先へ投げ飛ばした。それで周囲の人たちが協力して、少女を押さえつけたんです。少女はショートパンツにTシャツというカジュアルな服装でしたが、どこか暗い印象を受けました」

住民男性によると、「少女は無抵抗で仰向けになっていた」という。その後の行動は、異様だった。空を見上げ、「あの子(娘)死んだ?」と周囲に問いかけたのだ。


生々しい犯行現場

「110番通報を受けた警察が駆けつけた時、少女の靴は脱げ、目はうつろ。放心したような状態だったようです。

しかし警察に引き渡されると、突然号泣。ブツブツと何事かをつぶやいていたとか。ポケットの中には、犯行に使ったのとは別の折り畳みナイフや果物ナイフが入っていました」(前出・記者)

警視庁少年事件課の調べに対し、少女は素直に答えているという。

「犯行の動機については、こう語っています。

『死刑になりたくて、たまたま見つけた2人を刺した。自分の母親と弟を殺すつもりだったが、本当に殺害できるか練習したかった』と。

また次のようにも供述しています。

『(母親は)怒ると不機嫌になるが、自分も性格が似てきてイヤだった。母親の遺体を見せるのはかわいそうなので、弟も一緒に殺そうと思った』。

少女は中学1年生の冬から、断続的に不登校となっていたそうです。学校に行っても、教室に行かず保健室で過ごしていたとか。ただ警察へは『家庭や学校でのトラブルはなかった』と話しています」(同前)

少女の供述には、辻褄が合わない点が多い。警察はより詳しい動機について、捜査を進めている。

[via:FRIDAY]
https://friday.kodansha.co.jp/article/260759

駆けつけた店員に「あの子死んだ?」

現場近くの料理店で働く女性従業員(26)が事件の状況を詳細に証言した。

この女性従業員によると、母親は事件直後、路上で倒れていた娘をきづかい、「大丈夫?どこを刺されたの?」と呼びかけていた。一方、「逃げないで」とも話していたという。

女性従業員は店内で働いていたが、母親の声が気になって店のドアを開けたところ、事件に気づいた。

母親はすでに、刺したとされる少女を取り押さえている状態で、「この子、ナイフ持っているから」と伝えてきた。そのため、別の男性従業員がすぐに少女からナイフを取り上げたという。少女は抵抗するそぶりなどを見せなかった。

少女は冷静なままで、空を見上げたまま、「あの子、死んだ?」と女性従業員に話しかけてきたという。少女は靴をはいておらず、バッグやスマホなども持っていなかった。

[via:毎日新聞]
https://mainichi.jp/articles/20220820/k00/00m/040/177000c

捜査関係者によると、少女は母親と弟の3人暮らし。中学1年の3学期から不登校になり、母親は捜査員に「運動部での人間関係に悩んだことがきっかけかもしれない」と話している。

最近は週1〜2日、学校の保健室や自習室で過ごす一方、高校進学を目指して学習塾や英会話教室に通っていた。だが、母親は「理由なく塾を休むことも多く、出席率は7割程度だった」と説明しているという。

電車で「きょう殺そう」と決めた

事件当日の正午すぎ、少女は母親に「塾に行く」と言って家を出たが、自転車で向かった先はJR武蔵浦和駅。所持金は500円だった。

リュックには塾の教材のほか、事前に忍ばせていた包丁と2本のナイフ。少女は「塾に行きたくなかった。電車の中で『きょう人を殺そう』と決めた」と供述しているという。

少女は午後2時ごろ、にぎわうJR新宿駅の改札を出ると、人通りの少ない路地を探して歩き回った。「人を殺せる場所を見つけるため」だった。

たどり着いたのが、約3・5キロ離れた神泉駅前の路地。「午後7時を過ぎてしまったし、ここでやるしかない」と思い、犯行に及んだ。

母親「私への不満ためていたのかも」

少女の母親は捜査員に「娘はまじめな性格で物静か。私が受験勉強や学校のことを『ちゃんとやりなさい』と言っても、反抗することもなかった。私への不満をため込んでいたのかもしれない」と憔悴しょうすいした様子で話しているという。

23日、少女が暮らしていたアパートの1室は、ひっそりと静まり返っていた。同じアパートの30代女性は「なぜあんなことをしてしまったんでしょうか」と理解に苦しんでいた。

[via:東京新聞]
https://www.tokyo-np.co.jp/article/197672

ネットの反応

・ちょっと普通の思考回路じゃないのかもな
・殺人の練習?死刑になりたかった…理由がわからない、15歳で何故ここまで壊れてしまったのか。
・死にたいのに親を殺す練習をするってもう意味わかんねえな
・練習で死刑になったら本番はどうするつもりなん?
・15歳じゃ何人やっても死刑にならないってことを知らないのか
・中二病ってやつだな
・誰でもこの年頃はメンタル拗らせるし「病んでる自分カッケェ…」とか思ってたりする
・めっちゃ怖いなサイコちゃん
・統合失調症の通り魔だろうな、恐ろしいわ。
・母親との折り合いが良くないことで、抑圧された気持ちが大きくなってしまったのか。
・母ちゃんに「もう頑張れない」と言えないのは真面目な子あるあるだけどな
・不登校で学校にも家庭にも居場所がなかったのかもしれないね。
・母親には似たくないってのはよく分かる。
・年取るとだんだん親の嫌だと思っていた部分に似てくるものだなぁ…と、中年になってから思うのってよくある話だと思うが。
・家族を殺さないでなぜ他人を殺す
・刺された人には知ったこっちゃないわけで
・何度も刺されながら意識も失わず娘さんを守ったお母さん、本当に凄い…凄いです。
・なにより被害にあわれた親子の心のケアと怪我の回復を心よりお祈りします。

こんな記事はいかがですか?
注目されている記事
  • 【GIF】ノーブラでツンとした乳首の突起や透けた乳輪が見えてる女子たち215件のビュー
  • 【GIF】無防備な胸チラ&乳首透けでヤバいことになる予感しかないw164件のビュー
  • 「刺した直後に好きと言ってくれた」ホストを刺した女【観覧注意】血まみれ現場で電話の相手は…44件のビュー
  • 【動画】潮吹きはおしっこか否か論争に決着!研究者が膀胱に着色料注入して可視化してみた結果w40件のビュー
  • 【観覧注意】女子中学生いじめ動画が拡散【胸クソ】強制手マンも27件のビュー
  • 【GIF】命懸け?女性の皆さんたちの事故・失敗・ハプニングGIF画像Vol.716件のビュー
この記事、あなたはどう思いましたか?

コメントを残す