変なニュース

痛いニュースと芸能や面白ネタ満載の変なニュース

カテゴリ:痛いニュース

【変態列伝・全裸マン】26歳ニートが大胆不敵な自慰行為を見せ続けたワケ

2016/09/01

LINEで送る
Pocket

頭隠して尻隠さず、とはこのことか。

兵庫県西宮市の甲子園球場近くの住宅街で、前代未聞の露出狂が御用となった。通称「全裸マン」。実に5カ月間、顔面をネックウオーマーなどで覆っただけの全裸で街角に出没しては女性に自慰行為を見せ続けた。

神出鬼没の変態として警察の捜査を攪乱(かくらん)したが、8月初旬、公然わいせつ容疑で現行犯逮捕された。正体は有名私大を中退した26歳の無職男。

屋外での自慰行為に快感を覚え、「風俗店では満足できない」と50回以上も同様の行為を繰り返していたという。男を大胆不敵な犯行に駆り立てたものは一体何だったのか。

「何しとるんや」「裸です」

蒸し暑い8月2日の夕刻。兵庫県警の捜査員5人は、阪神電鉄甲子園駅から西に約300メートルの市道沿いのビルの一室に張り込み、額の汗をぬぐいながら窓の外に目をこらしていた。

待ち構えていたのは、この住宅街の半径50メートル圏内で公然わいせつを繰り返していた「全裸マン」。数カ月もの間、捜査員が張り込みをしていたが、張り込みをしない日に限って目撃情報がもたらされる〝天敵〟だった。

ビルの一室に入って約4時間半後の同日午後10時半すぎ。「今日もハズレなのか…」と沈滞ムードが漂い始めたころ、捜査員の1人が暗がりの中に初めて全裸マンの姿を認めた。

ビル向かいの2棟のマンションの隙間(幅約1・2メートル)から、帽子をかぶった男がキョロキョロと辺りをうかがっていた。よく見ると、男は顔をネックウオーマーで覆い、靴下とスニーカー以外は何も身につけていなかった。

201608901-1-1

捜査員の1人は叫んだ。

「全裸マンがいたぞ!」

捜査員たち全員が競うようにビルの外に飛び出した。行く手をさえぎるように市道を車が1台横切った。「逃げられたか…」。捜査員らの脳裏には不安がよぎったが、男は逃げも隠れもせず、全裸のまま悠然とその場に留まり続けていた。

捜査員らは一気に男を取り囲み、「何しとるんや」と一喝。すると、男はたった一言、「裸です」。後ろから羽交い締めにされ、公然わいせつ容疑で現行犯逮捕された。

「身柄を確保するとき、普段ならベルトをつかむところが、裸のせいでつかみどころがなかった」と捜査関係者。マンションの近くには、男が脱ぎ捨てた白いTシャツとジーンズ、水色のボクサーパンツが落ちていたという。

防犯カメラ前で自慰行為

住宅街で全裸マンが最初に目撃されたのは今年3月末の夜だった。

会社帰りに市道を歩いていた女性が視線を感じて暗がりに目を向けたところ、2棟のマンションの隙間に不審な男が立っていた。マフラーで顔面をグルグル巻きにし、黒いジャンパーを羽織った男は、白く浮かび上がった裸の下半身を女性に見せつけた。

女性はすぐに「下半身を露出させた男がいる」と110番した。

捜査を始めた県警は、連日のようにパトロールや張り込みを実施。ところが男は一向に現れず、「全裸の男を見た」という通報だけが増えていった。

目撃時刻はおおむね午後7~11時ごろ。甲子園球場でナイターの試合が行われる日は、人目を避けて遅い時刻に出没することも分かった。それでも男は捜査員の前には姿を見せず、捜査網をかいくぐるように街角で全裸になり続けた。

県警は6月、男が現れるマンションの隙間を監視できる場所に許可を得て防犯カメラを設置し、後日映像を確認する捜査に乗り出した。すると数日後、カメラは想像を絶するような卑わいな男の行為を捉えた。

顔を隠した男は、市道に向けて下半身を突き出しながら、自慰行為に夢中になっていた。公然わいせつ容疑は明らかだったが、顔を布きれで覆っていたため、県警が犯人を特定するには至らなかった。

「警察をバカにしているのか。絶対捕まえてやる」

捜査員らは張り込み日数を増やし、最初の通報から約5カ月後に男をようやく逮捕した。しかしその後の調べで、男が張り込みに全く気づいていなかったことが判明。捜査員らは「これほど苦労させるとは、かなりの強運の持ち主だ」と絶句したという。

ポリ袋をかぶって熱中

「(自慰行為を)人に見られながらするのが気持ち良かった」「驚く女性の顔に興奮して止められなくなった」

県警によると、逮捕された男は犯行動機について、こんな説明をしているという。

男は現場マンションから約1キロのマンションで両親と同居する26歳。高校卒業後に関西の有名私大に進学したが、留年を繰り返した末、今年3月に中退した。

〝ニート〟暮らしの中、自宅に居づらくなったのか、次第に外を出歩くようになり、一人になれる空間を探しているうちに逮捕現場にもなった隙間を見つけた。

そこでわいせつ動画を見ながら自慰行為をしたところ、思わぬ快感を得たことで行為がエスカレートしたらしい。

「家で自慰行為をしても風俗店でサービスを受けても満足できなくなってしまった」という男は、昨年10月から50回以上、マンション周辺で全裸になって自慰行為をしたとも供述。

屋外で服を脱ぐなど、よほど体形に自信があるのかと勘ぐってしまうが、「中肉中背で腹回りにはぜい肉もあり、お世辞にも立派な肉体とはいえない」(捜査関係者)そうだ。

男はマフラーやネックウオーマー、Tシャツなどを手当たり次第に顔に巻き付けて行為に及んでいた。時にはポリ袋をかぶることもあったといい、「窒息死したらどうするのか。命がけの犯行だ」と捜査員をあきれさせた。

「また兵庫か」ネットに書き込み続々

全裸マン逮捕のニュースはインターネットをかけめぐり、「頭隠して尻隠さずを地でいっている」などと大きな反響を呼んだ。

兵庫県内では昨年から、強烈な個性を放つ〝変態男〟の逮捕が頻発している。

側溝に潜んでスカートの中をのぞき込む「側溝男」、
頭から女性もののパンツをかぶってママチャリで疾走する「パンツ仮面」、
そして今回の「全裸マン」…。

  • 道路の側溝にに5時間潜みスカート覗き見男が再犯「生まれ変わったら『道』になりたい」
  • 【動画】尼崎に出没の変態「パンツ仮面」を住民が激撮!
  •  

    2ちゃんねるなどの掲示板では、「また兵庫か」「兵庫はレベルが高いな」などと揶揄(やゆ)するコメントが相次いだ。

    県警幹部も「偶然なのだろうが、県内で次から次へと変態事件が起きるのは頭が痛い」と嘆く。

    遅ればせながら、全裸マンは今頃になって「女性に悪いことをした」などと反省と後悔を募らせているという。

    8月23日には、公然わいせつ罪で罰金20万円の略式命令も受けた。どんなにネックウオーマーで顔を隠しても、自ら顔に泥を塗ったことは隠しようがないだろう。

    [via:http://www.sankei.com/west/news/160829/wst1608290003-n1.html]

    ネットの反応

    ・当然警察24時は同行してるよな?
    ・顔を隠すって、変態の風上にも置けんヤツじゃ!
    ・兵庫の闇は果てしなく深い
    ・昔はストリーキングって言って、こんなの沢山いたぞ
    ・僕らの知らない場所で悪をこらしめていたのかもしれないじゃん
    ・変態だけど番付に入るような部類じゃないな
    ・性癖としてはノーマルすぎるな残念ながら紳士さも足りない
    ・革靴に白もしくは黒いハイソックスだったら殿堂入りを審議したいところ
     >ネクタイは必須だろ

    こんな記事はいかがですか?
    注目されている記事
    • 「子どもは上に上がる」スゴ腕捜索ボランティア 警察が渡せ「だめです!」と断るw1,371ビュー
    • 防犯カメラは見ていたwブロック塀の下敷きで死亡→実は、同僚の男が・・・878ビュー
    • Youtuber疑惑も…北朝鮮で拘束された映像クリエーターの身元判明439ビュー
    • 婚活サイトの女性を狙う昏睡レイプ魔 ゼクシィの社員だったw250ビュー
    • いのちの電話 つれない対応に驚きの声 相談員はボランティアとはいえ・・・104ビュー
    • 【悲劇】呪術師(67)が少女(13)をほら穴に15年間監禁、強姦を繰り返していた65ビュー
    この記事、あなたはどう思いましたか?

    コメントを残す